百人一首

百人一首「三十六歌仙」の和歌(25首)

百人一首「三十六歌仙」の和歌(25首)

投稿日:

三十六歌仙さんじゅうろっかせんとは、平安時代の半ばに藤原公任きんとう(966~1041年)がつくった『三十六人集』(『三十六人せん』とも言う)にもとづく36人のすぐれた歌人のことです。小倉百人一首にはその中から25人の和歌がおさめられており、公任の和歌も入っています(55番歌)。

スポンサーリンク

人麿・貫之・躬恒・伊勢・家持・赤人・業平・遍昭・素性・友則・猿丸大夫・小町・兼輔・朝忠・敦忠・高光・公忠・忠岑・斎宮女御・頼基・敏行・重之・宗于・信明・清正・順・興風・元輔・是則・元真・小大君・仲文・能宣・忠見・兼盛・中務

人麿・貫之・躬恒・伊勢・家持・赤人・業平・遍昭・素性・友則・猿丸大夫・小町・兼輔・朝忠・敦忠・高光・公忠・忠岑・斎宮女御・頼基・敏行・重之・宗于・信明・清正・順・興風・元輔・是則・元真・小大君・仲文・能宣・忠見・兼盛・中務

 

百人一首の三十六歌仙の歌

歌番号を押すとそれぞれの歌の現代語訳・品詞分解のページに移動します。

本文 作者
3 あしひきのやまどりのをのしだりをの、ながながしよをひとりかもねむ 柿本人麻呂
4 たごのうらにうちいでてみればしろたへの、ふじのたかねにゆきはふりつつ 山部赤人
5 おくやまにもみぢふみわけなくしかの、こゑきくときぞあきはかなしき 猿丸大夫
6 かささぎのわたせるはしにおくしもの、しろきをみればよぞふけにける 大伴家持
9 はなのいろはうつりにけりないたづらに、わがみよにふるながめせしまに 小野小町
12 あまつかぜくものかよひぢふきとぢよ、をとめのすがたしばしとどめむ 僧正遍昭
17 ちはやぶるかみよもきかずたつたがは、からくれなゐにみづくくるとは 在原業平
18 すみのえのきしによるなみよるさへや、ゆめのかよひぢひとめよくらむ 藤原敏行朝臣
19 なにはがたみじかきあしのふしのまも、あはでこのよをすぐしてよとや 伊勢
21 いまこむといひしばかりにながつきの、ありあけのつきをまちいでつるかな 素性法師
27 みかのはらわきてながるるいづみがは、いつみきとてかこひしかるらむ 中納言兼輔
28 やまざとはふゆぞさびしさまさりける、ひとめもくさもかれぬとおもへば 源宗于朝臣
29 こころあてにをらばやをらむはつしもの、おきまどはせるしらぎくのはな 凡河内躬恒
30 ありあけのつれなくみえしわかれより、あかつきばかりうきものはなし 壬生忠岑
31 あさぼらけありあけのつきとみるまでに、よしののさとにふれるしらゆき 坂上是則
33 ひさかたのひかりのどけきはるのひに、しづごころなくはなのちるらむ 紀友則
34 たれをかもしるひとにせむたかさごの、まつもむかしのともならなくに 藤原興風
35 ひとはいさこころもしらずふるさとは、はなぞむかしのかににほひける 紀貫之
40 しのぶれどいろにいでにけりわがこひは、ものやおもふとひとのとふまで 平兼盛
41 こひすてふわがなはまだきたちにけり、ひとしれずこそおもひそめしか 壬生忠見
42 ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつ、すゑのまつやまなみこさじとは 清原元輔
43 あひみてののちのこころにくらぶれば、むかしはものをおもはざりけり 権中納言敦忠
44 あふことのたえてしなくはなかなかに、ひとをもみをもうらみざらまし 中納言朝忠
48 かぜをいたみいはうつなみのおのれのみ、くだけてものをおもふころかな 源重之
49 みかきもりゑじのたくひのよるはもえ、ひるはきえつつものをこそおもへ 大中臣能宣朝臣

 
●参考:『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

-百人一首
-

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

全首一覧 下の句 決まり字
作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

百人一首を解説するおすすめの本。小学生にわかりやすいのは?

百人一首を解説するおすすめの本。小学生にわかりやすいのは?

解説付きの百人一首の書籍はたくさんありますが、小学生の子どもも簡単に読める本はいったいどれなのでしょうか。基本的な古典文法から、恋にまつわる難しい言葉の意味まで、くわしく説明する本格的なもので、なおか …

百人一首「六歌仙」の和歌(5首)古今和歌集の仮名序も解説

百人一首「六歌仙」の和歌(5首)古今和歌集の仮名序も解説

六歌仙ろっかせんとは、905年につくられた『古今和歌集こきんわかしゅう』の仮名序かなじょ(漢文ではなく仮名で書いた序文だから「仮名序」と言う)に、紀貫之きのつらゆきがすぐれた歌人として名前をあげた6人 …

百人一首の女性の歌(全21首)

百人一首の女性の歌(全21首)

小倉百人一首には女の歌がぜんぶで21首あり、かるた遊びでは21枚の「姫」の絵札として知られています。これらをすべて現代語訳して一覧表にまとめましたので、百人一首の女性歌人(女流歌人)の和歌をお楽しみく …

百人一首「下の句」一覧(五十音順で検索できます)

百人一首「下の句」一覧(五十音順で検索できます)

小倉百人一首、下の句の50音順一覧表です。索引としてご利用ください。このページから各歌の解説ページに移動することができます。 スポンサーリンク それぞれの解説ページには、現代語訳と言葉の意味を載せてお …

百人一首の覚え方 - 決まり字の一覧表でかるたを暗記するのがコツ

百人一首の覚え方 – 決まり字の一覧表でかるたを暗記するのがコツ

小倉百人一首の基本的な覚え方は決まり字を確認することです。「きまり字」とは、競技かるたにおいて、その字まで読まれたら下の句が決定する字のことを言います。競技をする上では百人一首を上の句も下の句もすべて …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク