古典文法

古文の動詞の活用と覚え方 – 見分け方のコツは種類の少ないものを暗記すること

古文の動詞の活用と覚え方 - 見分け方のコツは種類の少ないものを暗記すること

投稿日:2018年5月15日 更新日:

古文の動詞の活用表の覚え方と、見分け方について解説します。何も見ないで活用表を書けるようになるまで練習することが重要です。また、動詞の種類を見分けられるようになるには、種類の少ない動詞から覚えることが大切です。

スポンサーリンク

古文の動詞

まずは、これから解説する動詞が、古典文法全体の中でどの位置にあるのかご覧ください。なお、この表は覚える必要ありません。

単語の分類-動詞

単語の分類-動詞

動詞は活用(かつよう)と言って形が変わります。現代語でも「読む」という動詞が「読まない」と変化するように、古文でも「読まず」と変化します。以上のように、「よむ」が「よま」と形が変わることを活用と言うのです。
 
 

古典の動詞を覚えるための準備

動詞の活用表を覚える前に、まず覚えなければならないことがあります。それは、活用形(かつようけい)のそれぞれの順番です。

●未然(みぜん)
●連用(れんよう)
●終止(しゅうし)
●連体(れんたい)
●已然(いぜん)
●命令(めいれい)

未然形、連用形、終止形、連体形、已然形、命令形、以上の順番で活用表に並んでいるので、順番どおりに覚えましょう。また、覚えるときには自分の手の指を使うと良いです。

未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形

未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形

古文を読んでいて動詞や助動詞の活用を考えるときに、指を使うと便利です。私は右利きなので、右手でペンを持ちますから、空いているほうの左手の指を使います。覚えた活用形にあわせて小指から順番に上げていくと品詞分解もスムーズにできます。
 
 

古文の動詞の活用表の覚え方

古文の動詞には大きく分けて2つの種類があります。「正格活用(せいかくかつよう)」と「変格活用(へんかくかつよう)」です。

動詞は9種類

動詞は9種類

 
 

少ないものから覚える

少ないもの、例外的なものから覚えます。

変格活用をすべて覚える。「カサナラ変」とまとめます。
下一段(しもいちだん)活用は「ける」のみです。
上一段(かみいちだん)活用は「干(ひ)る」「射(い)る」「着(き)る」「似(に)る」「煮(に)る」「見(み)る」「居(ゐ)る」「率(ゐ)る」の8つです。「ひいきにみゐる」とまとめます。
四段(よだん)・上二(かみに)・下二(しもに)の活用表と見分け方を覚えます。古文の動詞のほとんどが、四段・上二・下二です。
 

Sponsored Link

 

①カサナラ変(変格活用)

変格活用をまとめて覚えましょう。
 
 

カ変

カ変の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

こ、き、く、くる、くれ、こ・こよ

カ変の覚え方

カ変の覚え方

 
 

サ変

サ変の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

せ、し、す、する、すれ、せよ

サ変の覚え方

サ変の覚え方

 
 

ナ変

ナ変の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

な、に、ぬ、ぬる、ぬれ、ね

ナ変の覚え方

ナ変の覚え方

 
 

ラ変

ラ変の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

ら、り、り、る、れ、れ

ラ変の覚え方

ラ変の覚え方

 
 

②下一段「蹴る」

下一段活用動詞「蹴(け)る」の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

け、け、ける、ける、けれ、けよ

下一段「蹴る」の覚え方

下一段「蹴る」の覚え方

 
 

③上一段「ひいきにみゐる」

上一段活用動詞の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

い、い、いる、いる、いれ、いよ

ひいきにみゐる上一段

ひいきにみゐる上一段

 
 

④四段・上二・下二

古文の動詞の中で最も多いのが、四段活用・上二段活用・下二段活用です。それぞれ見ていきましょう。
 
 

四段

四段の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

ア、イ、ウ、ウ、エ、エ

四段活用動詞の覚え方

四段活用動詞の覚え方

 
 

上二段

上二段の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

イ、イ、ウ、ウル、ウレ、イヨ

上二段活用の覚え方

上二段活用の覚え方

 
 

下二段

下二段の覚え方は次のとおりです。30回、音読しましょう。

え、え、う、うる、うれ、えよ

下二段活用の覚え方

下二段活用の覚え方

 
 

見分け方

四段・上二・下二を見分けるには、うしろに「ず」をつけて未然形にします。

・読まず … ア段の音 → 四段活用
・起きず … イ段の音 → 上二段活用
・受けず … エ段の音 → 下二段活用

四段・上二・下二:見分け方

四段・上二・下二:見分け方

 

 

Sponsored Link

 

動詞の活用表一覧

以上をふまえて活用表をご確認ください。

古文の動詞一覧

古文の動詞一覧

何も見ないでこの表を書くことができれば、古文の動詞の活用の基本はできています。まずはこの表が書けるようになるのを目指しましょう。
 

古文が苦手な方はこちらの記事もチェック

古典が苦手な方はこちらの記事もご覧ください。

古典文法の勉強法(基礎編)わかりやすい覚え方で用言の活用形から学ぶ

また、百人一首を品詞分解して現代語訳と文法解説をつけたページもございますので、勉強のテキストとしてぜひご利用ください。

百人一首の現代語訳一覧(わかりやすい意味と解説で恋の歌も簡単に理解)

ホーム

-古典文法
-

執筆者:

古典文法の解説

  ➤ 文法基礎 動詞
  ➤ 形容詞 形容動詞
  ➤ 助詞 助動詞
  ➤ 敬語 参考書


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

体言止めの意味や効果を例文で解説!句読点や反対の意味は?

体言止めの意味や効果を例文で解説!句読点や反対の意味は?

体言止めの使い方や意味を、例文をまじえながら解説します。そもそも体言とは何か、というところからご説明しますので、文法が苦手な方も大丈夫です。また、「体言止めに句点は必要?」、「体言止めの反対は?」など …

古文の敬語の覚え方 - 一覧で種類や対象を確認するのが見分け方の基本

古文の敬語の覚え方 – 一覧で種類や対象を確認するのが見分け方の基本

古文の敬語がよくわからない方のために、敬語の見分け方や覚え方をご紹介します。尊敬語・謙譲語・丁寧語、それぞれの敬語の一覧を確認しながら、古典の敬語の基本をおさえていくのが重要です。 スポンサーリンク …

古文(古典)の助動詞の意味と覚え方 - 活用表の一覧でまず接続を暗記

古文(古典)の助動詞の意味と覚え方 – 活用表の一覧でまず接続を暗記

古文の助動詞の活用を覚えるポイントと、助動詞の種類の見分け方を紹介します。古典をむずかしいと感じる原因のひとつが助動詞です。活用や接続の種類が多くて大変と感じるかもしれませんが、覚え方にはコツがありま …

古文の形容詞の活用の一覧と覚え方(ク活用・シク活用・補助活用)

古文の形容詞の活用の一覧と覚え方(ク活用・シク活用・補助活用)

古文の形容詞の活用を覚える方法を、一覧表を使ってご紹介します。ク活用・シク活用・補助活用、それぞれの種類の違いについても解説いたしますので、古典文法が苦手な方でも大丈夫です。覚え方は簡単で、音読が非常 …

古文の助詞の覚え方 - まずは種類の確認から

古文の助詞の覚え方 – まずは種類の確認から

古文の助詞は地味で見おとされやすい分野ですが、古典文法の中では助動詞と並んで最も重要な項目の一つです。助詞の種類を覚えておくと品詞分解もしやすくなるので、「助詞の知識はいらない」というのは間違いです。 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク