百人一首

百人一首の覚え方 – 決まり字の一覧表でかるたを暗記するのがコツ

百人一首の覚え方 - 決まり字の一覧表でかるたを暗記するのがコツ

投稿日:2018年4月24日 更新日:

小倉百人一首の基本的な覚え方は決まり字を確認することです。「きまり字」とは、競技かるたにおいて、その字まで読まれたら下の句が決定する字のことを言います。競技をする上では百人一首を上の句も下の句もすべて暗記するのはもちろんですが、相手よりもいかに早く札を取るか、ということが重要です。したがって、自分なりの語呂合わせを考えるなどして、取札を見てすぐに上の句が思い出せるように、また、上の句が読まれたら瞬時に反応できるように準備するのが大切です。覚え方のコツは、一字決まりや二字決まりなど、少ない決まり字の歌から覚えることです。

スポンサーリンク

 

✿現代語訳一覧はこちら✿

↓ ↓ ↓ ↓

歌の意味をきちんと確認すると、より暗記しやすくなりますので、現代語訳もぜひご覧ください。それぞれの歌の解説ページでは品詞分解と文法解説も公開中です。

小倉百人一首の決まり字一覧(50音順)

※()内の歌番号を押すと各歌の解説ページに移動します。
※上の句と下の句は「、」で区切っております。

一字決まり 7枚

びしさにやどをたちいでてながむれば、いづこもおなじあきのゆふぐれ(70

みのえのきしによるなみよるさへや、ゆめのかよひぢひとめよくらむ(18

をはやみいはにせかるるたきがはの、われてもすゑにあはむとぞおもふ(77

くからにあきのくさきのしをるれば、むべやまかぜをあらしといふらむ(22

ととぎすなきつるかたをながむれば、ただありあけのつきぞのこれる(81

らさめのつゆもまだひぬまきのはに、きりたちのぼるあきのゆふぐれ(87

ぐりあひてみしやそれともわかぬまに、くもがくれにしよはのつきかな(57

 

二字決まり 42枚

あけぬればくるるものとはしりながら、なほうらめしきあさぼらけかな(52

あしひきのやまどりのをのしだりをの、ながながしよをひとりかもねむ(3

あひみてののちのこころにくらぶれば、むかしはものをおもはざりけり(43

いにしへのならのみやこのやへざくら、けふここのへににほひぬるかな(61

うかりけるひとをはつせのやまおろしよ、はげしかれとはいのらぬものを(74

うらみわびほさぬそでだにあるものを、こひにくちなむなこそをしけれ(65

おくやまにもみぢふみわけなくしかの、こゑきくときぞあきはかなしき(5

おとにきくたかしのはまのあだなみは、かけじやそでのぬれもこそすれ(72

おもひわびさてもいのちはあるものを、うきにたへぬはなみだなりけり(82

かくとだにえやはいぶきのさしもぐさ、さしもしらじなもゆるおもひを(51

かささぎのわたせるはしにおくしもの、しろきをみればよぞふけにける(6

きりぎりすなくやしもよのさむしろに、ころもかたしきひとりかもねむ(91

こぬひとをまつほのうらのゆふなぎに、やくやもしほのみもこがれつつ(97

このたびはぬさもとりあへずたむけやま、もみぢのにしきかみのまにまに(24

こひすてふわがなはまだきたちにけり、ひとしれずこそおもひそめしか(41

これやこのゆくもかへるもわかれては、しるもしらぬもあふさかのせき(10

しのぶれどいろにいでにけりわがこひは、ものやおもふとひとのとふまで(40

しらつゆにかぜのふきしくあきののは、つらぬきとめぬたまぞちりける(37

たかさごのをのへのさくらさきにけり、とやまのかすみたたずもあらなむ(73

たきのおとはたえてひさしくなりぬれど、なこそながれてなほきこえけれ(55

たごのうらにうちいでてみればしろたへの、ふじのたかねにゆきはふりつつ(4

たちわかれいなばのやまのみねにおふる、まつとしきかばいまかへりこむ(16

たまのをよたえなばたえねながらへば、しのぶることのよわりもぞする(89

たれをかもしるひとにせむたかさごの、まつもむかしのともならなくに(34

ちはやぶるかみよもきかずたつたがは、からくれなゐにみづくくるとは(17

つきみればちぢにものこそかなしけれ、わがみひとつのあきにはあらねど(23

つくばねのみねよりおつるみなのがは、こひぞつもりてふちとなりぬる(13

なつのよはまだよひながらあけぬるを、くものいづこにつきやどるらむ(36

ひさかたのひかりのどけきはるのひに、しづごころなくはなのちるらむ(33

みせばやなをじまのあまのそでだにも、ぬれにぞぬれしいろはかはらず(90

みちのくのしのぶもぢずりたれゆゑに、みだれそめにしわれならなくに(14

みよしののやまのあきかぜさよふけて、ふるさとさむくころもうつなり(94

ももしきやふるきのきばのしのぶにも、なほあまりあるむかしなりけり(100

もろともにあはれとおもへやまざくら、はなよりほかにしるひともなし(66

やすらはでねなましものをさよふけて、かたぶくまでのつきをみしかな(59

やへむぐらしげれるやどのさびしきに、ひとこそみえねあきはきにけり(47

ゆふさればかどたのいなばおとづれて、あしのまろやにあきかぜぞふく(71

ゆらのとをわたるふなびとかぢをたえ、ゆくへもしらぬこひのみちかな(46

よもすがらものおもふころはあけやらで、ねやのひまさへつれなかりけり(85

よをこめてとりのそらねははかるとも、よにあふさかのせきはゆるさじ(62

わびぬればいまはたおなじなにはなる、みをつくしてもあはむとぞおもふ(20

をぐらやまみねのもみぢばこころあらば、いまひとたびのみゆきまたなむ(26

 

三字決まり 37枚

あきかぜにたなびくくものたえまより、もれいづるつきのかげのさやけさ(79

あきのたのかりほのいほのとまをあらみ、わがころもではつゆにぬれつつ(1

あさぢふのをののしのはらしのぶれど、あまりてなどかひとのこひしき(39

あはぢしまかよふちどりのなくこゑに、いくよねざめぬすまのせきもり(78

あはれともいふべきひとはおもほえで、みのいたづらになりぬべきかな(45

あふことのたえてしなくはなかなかに、ひとをもみをもうらみざらまし(44

あまつかぜくものかよひぢふきとぢよ、をとめのすがたしばしとどめむ(12

あまのはらふりさけみればかすがなる、みかさのやまにいでしつきかも(7

あらざらむこのよのほかのおもひでに、いまひとたびのあふこともがな(56

あらしふくみむろのやまのもみぢばは、たつたのかはのにしきなりけり(69

ありあけのつれなくみえしわかれより、あかつきばかりうきものはなし(30

ありまやまゐなのささはらかぜふけば、いでそよひとをわすれやはする(58

いまこむといひしばかりにながつきの、ありあけのつきをまちいでつるかな(21

いまはただおもひたえなむとばかりを、ひとづてならでいふよしもがな(63

おほえやまいくののみちのとほければ、まだふみもみずあまのはしだて(60

おほけなくうきよのたみにおほふかな、わがたつそまにすみぞめのそで(95

かぜそよぐならのをがはのゆふぐれは、みそぎぞなつのしるしなりける(98

かぜをいたみいはうつなみのおのれのみ、くだけてものをおもふころかな(48

ながからむこころもしらずくろかみの、みだれてけさはものをこそおもへ(80

ながらへばまたこのごろやしのばれむ、うしとみしよぞいまはこひしき(84

なげきつつひとりぬるよのあくるまは、いかにひさしきものとかはしる(53

なげけとてつきやはものをおもはする、かこちがほなるわがなみだかな(86

なにしおはばあふさかやまのさねかづら、ひとにしられでくるよしもがな(25

はなさそふあらしのにはのゆきならで、ふりゆくものはわがみなりけり(96

はなのいろはうつりにけりないたづらに、わがみよにふるながめせしまに(9

はるすぎてなつきにけらししろたへの、ころもほすてふあまのかぐやま(2

はるのよのゆめばかりなるたまくらに、かひなくたたむなこそをしけれ(67

ひとはいさこころもしらずふるさとは、はなぞむかしのかににほひける(35

ひともをしひともうらめしあぢきなく、よをおもふゆゑにものおもふみは(99

みかきもりゑじのたくひのよるはもえ、ひるはきえつつものをこそおもへ(49

みかのはらわきてながるるいづみがは、いつみきとてかこひしかるらむ(27

やまがはにかぜのかけたるしがらみは、ながれもあへぬもみぢなりけり(32

やまざとはふゆぞさびしさまさりける、ひとめもくさもかれぬとおもへば(28

わがいほはみやこのたつみしかぞすむ、よをうぢやまとひとはいふなり(8

わがそではしほひにみえぬおきのいしの、ひとこそしらねかわくまもなし(92

わすらるるみをばおもはずちかひてし、ひとのいのちのをしくもあるかな(38

わすれじのゆくすゑまではかたければ、けふをかぎりのいのちともがな(54

 

四字決まり 6枚

こころあてにをらばやをらむはつしもの、おきまどはせるしらぎくのはな(29

こころにもあらでうきよにながらへば、こひしかるべきよはのつきかな(68

ちぎりおきしさせもがつゆをいのちにて、あはれことしのあきもいぬめり(75

ちぎりきなかたみにそでをしぼりつつ、すゑのまつやまなみこさじとは(42

なにはえのあしのかりねのひとよゆゑ、みをつくしてやこひわたるべき(88

なにはがたみじかきあしのふしのまも、あはでこのよをすぐしてよとや(19

 

五字決まり 2枚

よのなかはつねにもがもななぎさこぐ、あまのをぶねのつなでかなしも(93

よのなかよみちこそなけれおもひいる、やまのおくにもしかぞなくなる(83

 

六字決まり 6枚 ← 大山札

あさぼらけありあけのつきとみるまでに、よしののさとにふれるしらゆき(31

あさぼらけうぢのかはぎりたえだえに、あらはれわたるせぜのあじろぎ(64

きみがためはるののにいでてわかなつむ、わがころもでにゆきはふりつつ(15

きみがためをしからざりしいのちさへ、ながくもがなとおもひけるかな(50

わたのはらこぎいでてみればひさかたの、くもゐにまがふおきつしらなみ(76

わたのはらやそしまかけてこぎいでぬと、ひとにはつげよあまのつりぶね(11

 

一般的な覚え方・語呂合わせ

むすめふさほせ(娘房干せ)

※頭の一字で取札を1枚にしぼれる。

らさめのつゆもまだひぬまきのはに、きりたちのぼるあきのゆふぐれ(87

みのえのきしによるなみよるさへや、ゆめのかよひぢひとめよくらむ(18

ぐりあひてみしやそれともわかぬまに、くもがくれにしよはのつきかな(57

くからにあきのくさきのしをるれば、むべやまかぜをあらしといふらむ(22

びしさにやどをたちいでてながむれば、いづこもおなじあきのゆふぐれ(70

ととぎすなきつるかたをながむれば、ただありあけのつきぞのこれる(81

をはやみいはにせかるるたきがはの、われてもすゑにあはむとぞおもふ(77

 

うつしもゆ(写し燃ゆ)

※頭の一字で取札を2枚にしぼれる。

りけるひとをはつせのやまおろしよ、はげしかれとはいのらぬものを(74

みわびほさぬそでだにあるものを、こひにくちなむなこそをしけれ(65

みればちぢにものこそかなしけれ、わがみひとつのあきにはあらねど(23

ばねのみねよりおつるみなのがは、こひぞつもりてふちとなりぬる(13

ぶれどいろにいでにけりわがこひは、ものやおもふとひとのとふまで(40

つゆにかぜのふきしくあきののは、つらぬきとめぬたまぞちりける(37

しきやふるきのきばのしのぶにも、なほあまりあるむかしなりけり(100

ともにあはれとおもへやまざくら、はなよりほかにしるひともなし(66

さればかどたのいなばおとづれて、あしのまろやにあきかぜぞふく(71

のとをわたるふなびとかぢをたえ、ゆくへもしらぬこひのみちかな(46

 

いちひき

※頭の一字で取札を3枚にしぼれる。

しへのならのみやこのやへざくら、けふここのへににほひぬるかな(61

まこむといひしばかりにながつきの、ありあけのつきをまちいでつるかな(21

まはただおもひたえなむとばかりを、ひとづてならでいふよしもがな(63

やぶるかみよもきかずたつたがは、からくれなゐにみづくくるとは(17

ぎりおきしさせもがつゆをいのちにて、あはれことしのあきもいぬめり(75

ぎりきなかたみにそでをしぼりつつ、すゑのまつやまなみこさじとは(42

かたのひかりのどけきはるのひに、しづごころなくはなのちるらむ(33

とはいさこころもしらずふるさとは、はなぞむかしのかににほひける(35

ともをしひともうらめしあぢきなく、よをおもふゆゑにものおもふみは(99

ぎりすなくやしもよのさむしろに、ころもかたしきひとりかもねむ(91

みがためはるののにいでてわかなつむ、わがころもでにゆきはふりつつ(15

みがためをしからざりしいのちさへ、ながくもがなとおもひけるかな(50

 

はやよか

※頭の一字で取札を4枚にしぼれる。

なさそふあらしのにはのゆきならで、ふりゆくものはわがみなりけり(96

なのいろはうつりにけりないたづらに、わがみよにふるながめせしまに(9

るすぎてなつきにけらししろたへの、ころもほすてふあまのかぐやま(2

るのよのゆめばかりなるたまくらに、かひなくたたむなこそをしけれ(67

らはでねなましものをさよふけて、かたぶくまでのつきをみしかな(59

むぐらしげれるやどのさびしきに、ひとこそみえねあきはきにけり(47

まがはにかぜのかけたるしがらみは、ながれもあへぬもみぢなりけり(32

まざとはふゆぞさびしさまさりける、ひとめもくさもかれぬとおもへば(28

すがらものおもふころはあけやらで、ねやのひまさへつれなかりけり(85

こめてとりのそらねははかるとも、よにあふさかのせきはゆるさじ(62

のなかはつねにもがもななぎさこぐ、あまのをぶねのつなでかなしも(93

のなかよみちこそなけれおもひいる、やまのおくにもしかぞなくなる(83

とだにえやはいぶきのさしもぐさ、さしもしらじなもゆるおもひを(51

さぎのわたせるはしにおくしもの、しろきをみればよぞふけにける(6

ぜそよぐならのをがはのゆふぐれは、みそぎぞなつのしるしなりける(98

ぜをいたみいはうつなみのおのれのみ、くだけてものをおもふころかな(48

 

古文が苦手な人はこちらもチェック

上で示したのは一例ですので、覚えやすいように自分なりの語呂合わせを考えてみるなど工夫してください。

古文が苦手な方や、初心者の方に向けて、文法を解説したページもございますので、勉強の参考にご利用ください。

↓ ↓ ↓ ↓

古典文法の勉強法(基礎編)わかりやすい覚え方で用言の活用形から学ぶ


 
ホーム

-百人一首
-

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

全首一覧 下の句 決まり字
作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

競技かるたのルール。小倉百人一首かるたの並べ方。

競技かるたのルール。小倉百人一首かるたの並べ方。

かるたはお正月や夏休みなどで人が集まった時にみんなで遊べるゲームです。 スポンサーリンク 小倉百人一首の歌をある程度覚えたら、対戦形式で実際に札を取ってみましょう。 競技かるたの公式ルールに則った並べ …

かるたはどこに売ってるの?どこで買えるの?

かるたはどこに売ってるの?どこで買えるの?という疑問に答えます

近年、競技かるたを題材にしたマンガが映画化されて話題をよび、百人一首かるたに注目があつまっています。映画の影響により、競技かるたをはじめる子どもたちも増えているようです。しかし、かるたは簡単に買えるよ …

百人一首の女性の歌(全21首)

百人一首の女性の歌(全21首)

小倉百人一首には女の歌がぜんぶで21首あり、かるた遊びでは21枚の「姫」の絵札として知られています。これらをすべて現代語訳して一覧表にまとめましたので、百人一首の女性歌人(女流歌人)の和歌をお楽しみく …

小倉百人一首作者一覧(読み方も確認できます)

百人一首 作者 一覧(読み方も確認できます)

小倉百人一首の歌の作者を50音順で一覧表にまとめました。ここからそれぞれの和歌の解説ページに移動することが可能です。一覧には、作者名のとなりに、歌番号と、上の句の最初の部分(初句)もあわせて表示します …

百人一首の読み方を小学生のために現代仮名遣いで一覧に

百人一首の読み方を小学生のために現代仮名遣いで一覧に

小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)のすべての歌にふりがなをつけました。ひらがなつきで一覧表にして、小学生のかたにも和歌の読み方や意味がわかるようにしました。現代仮名遣いもつけたので簡単に読めるは …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク