91~100番歌

百人一首の意味と文法解説(98)風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける┃従二位家隆

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-98

投稿日:2018年3月12日 更新日:

風そよぐ楢の小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

スポンサーリンク

小倉百人一首から、従二位家隆の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。

また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

ふだん我々が使っている字の形になおした(翻刻と言う)ものと、ひらがなのもとになった漢字(字母)も紹介しておりますので、ぜひ見比べてみてください。

原文

ogura-hyakunin-isshu-98

百人一首(98)風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける


画像転載元
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541162

翻刻(ほんこく)(普段使っている字の形になおす)

hyakuni-isshu-honkoku-98

百人一首(98)風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

釈文(しゃくもん)(わかりやすい表記)

正三位(従二位)家隆
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける
 

字母(じぼ)(ひらがなのもとになった漢字)

hyakunin-isshu-jibo-98

百人一首(98)風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

現代語訳(歌意)・文法解説

※寛喜(かんぎ)元年(1229)、女御(にょうご)が入内(じゅだい)するときの屏風歌。

風が吹いてそよそよと楢(なら)の葉が鳴る、楢の小川(上賀茂神社の小川)の夕暮れは涼しくて、夏を忘れるほどだけれど、みそぎが行われているのが夏の証拠であることだ。

風そよぐ楢の小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

風そよぐ楢の小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

※係助詞「ぞ」は連体形で結びます。係り結びは「ぞ・なむ・や・か=連体、こそ=已然形」とまとめて覚えます。

係助詞:ぞ・なむ・や・か・こそ

係助詞:ぞ・なむ・や・か・こそ

※過去の助動詞「けり」が和歌の中で使われる場合は基本的に、詠嘆(えいたん)(~だなあ・~ことだ)の意味で訳します。

 

本歌

本歌「みそぎするならの小河の河風に祈りぞわたる下に絶えじと」(新古今・恋五・八代女王)。(『和歌文学大系 新勅撰和歌集』中川博夫、2005年、明治書院、41ページ)

参考「夏山の楢の葉そよぐ夕暮は今年も秋の心地こそすれ」(後拾遺・夏・頼綱)(『和歌文学大系 新勅撰和歌集』41ページ)

▽「風そよぐ楢(なら)」と詠み出す形は平安末から新古今時代に、「風そよぐ楢の葉陰(はかげ)の苔筵(こけむしろ)夏を忘るるまとゐをぞする」(教長集・納涼の心を)を初め「風そよぐ楢の木陰(こかげ)のゆふ涼み涼しくもゆる蛍(ほたる)なりけり」(秋篠月清集(※藤原良経撰)・夏・蛍)等、参考の頼綱歌の影響下に納涼の趣(おもむき)で少しく詠まれている。この歌もその流れの中にある。(『和歌文学大系 新勅撰和歌集』283ページ)
 

語釈(言葉の意味)

※特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)による。
 

詞書(ことばがき)

※詞書とは、和歌がよまれた事情を説明する短い文のことで、和歌の前に置かれます。

寛喜元年、女御入内屏風(※寛喜(かんぎ)元年(1229)、女御が入内するときの屏風歌。)

※詞書の引用は『和歌文学大系 新勅撰和歌集』(41ページ)によります。
 

楢の小川

山城。上賀茂神社(かみがもじんじゃ)の御手洗川(みたらしがわ)の一名。(『和歌文学大系 新勅撰和歌集』41ページ)

※参考:京都観光Navi「明神川」→ https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=4&ManageCode=7000059
 

なら

●なら【楢】
ブナ科の落葉喬木。イチイやシイなどを含めてよぶこともある。「―の葉の名に負ふ宮の」〈古今九九七〉。「楢、奈良(なら)、堅木也」〈和名抄〉
 

みそぎ

●みそ・ぎ【禊ぎ】
二〘名〙【潔身】
身の罪やけがれを、川や海の水につかって洗いすてること。多く三月三日の行事としておこない、また除服の際におこなう。「清き河原に―して」〈万二四〇三〉。「やよひのついたちに出で来たる巳(み)の日、『今日なむ、かく思す事ある人は、―し給ふべき』と」〈源氏須磨〉

●なごしのはらへ【夏越祓】
六月の終わりに、四、五、六月の夏の間に体についた穢れを祓(はら)うこと。「夏祓へ」ともいった。祓いの方法としては、①水辺に出て禊(みそ)ぎをし水によって穢れを取ったり、②河社(かわやしろ)を設けて斎串(いぐし)を立て、人形や麻の大幣(おおぬさ)にみずからの穢れを移したり、③茅(ち)の輪をくぐり抜けたりした。「水無月の夏越の祓へする人は千歳(ちとせ)の命延ぶといふなり」(古今六帖・第一)、「清き瀬に夏越の祓へしつるより八百万代は神のまにまに」(和泉式部集)など例は多い。
 

しるし

●しる・し【徴し・標し・記し・銘し】
二〘名〙
《ありありと現われ出て、他とまがう余地のないもの》
①前兆。「剣太刀身に取り副(そ)ふと夢に見つ何の―そも君に逢はむ為」〈万六〇四〉。「古へゆ無かりし―(吉祥)度(たび)まねく申したまひぬ」〈万四二五四〉
④証拠。「永き世に―にせむと、遠き世に語り継がむと」〈万一八〇九〉
 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

-91~100番歌
-, , ,

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌
上の句 下の句 決まり字

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-95

百人一首の意味と文法解説(95)おほけなくうき世の民におほふかなわがたつ杣にすみぞめの袖┃前大僧正慈円

おほけなくうき世の民に覆ふかなわが立つそまにすみぞめの袖 スポンサーリンク 小倉百人一首から、前大僧正慈円の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理し …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-97

百人一首の意味と文法解説(97)来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ┃権中納言定家

来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ スポンサーリンク 小倉百人一首から、権中納言定家(藤原定家)の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識につい …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-94

百人一首の意味と文法解説(94)み吉野の山の秋風小夜ふけてふるさと寒く衣うつなり┃参議雅経

みよしのの山の秋風さよふけてふるさと寒くころも打つなり スポンサーリンク 小倉百人一首から、参議雅経の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-99

百人一首の意味と文法解説(99)人も惜し人も恨めしあぢきなく世を思ふゆゑにもの思ふ身は┃後鳥羽院

人もをし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は スポンサーリンク 小倉百人一首から、後鳥羽院の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-91

百人一首の意味と文法解説(91)きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣かたしきひとりかも寝む┃後京極摂政前太政大臣

きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに衣片敷きひとりかも寝む スポンサーリンク 小倉百人一首から、後京極摂政前太政大臣の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク