助動詞

古文の助動詞「ず」の活用と意味、接続を解説。(ざら・ざり・ざる…)

古文の助動詞「ず」の活用と意味、接続を解説。(ざら・ざり・ざる…)

投稿日:2021年2月11日 更新日:

古文(古典)の打消の助動詞「ず」の活用・意味・接続・用例について、詳しく分かりやすく解説します。

Sponsored Link

 

【POINT】

  • 後ろにほかの助動詞がつく時は補助活用を使う(基本的には)
  • 「え~ず」の形で不可能を表す使い方がある
  • 「ずは」は「~ないで」「~ないならば」の意味

 

「ず」の活用

特殊型

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(な) (に) (○) (ぬ) (ね) (○)
(ず)
ざら ざり ざる ざれ ざれ

古語の打消の助動詞は、「な・に・○・ぬ・ね・○」の活用の系統が最も古く(※上代=奈良時代)、その後に「ず」の系統が、さらにその後に「ざら・ざり・○・ざる・ざれ・ざれ」の系統が成立したと考えられています。

「ず」は、『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎、岩波書店、1990年)によれば、「古い打消の『に』に『す』(※サ変動詞)が結合してnisu→nzu→zuという変化によって」成立しました。

一方、「ざり」は、旺文社の『古語辞典』(松村明・山口明穂・和田利政、1960年)によれば、「他の助動詞との接続を補う意味で、連用形『ず』に動詞『あり』が付いた」ことで成立したとされます。

ちなみに、ラ変型活用語に当たる「ざり」系統には終止形がありません。なぜなら、終止形接続の助動詞(べし・らし・まじ・らむ・めり・なり)は、ラ変型活用語には連体形(「ざる」の形)に接続するからです。

 

「ず」の接続

未然形

 

「ず」の意味

  • 打消うちけし「~ない、~ぬ、~せず」
【例】更級日記・上洛の旅
おそろしくてられ
ず_打消_いもねられず
(訳)恐ろしくて、眠ることもできない。

 

後ろに助動詞が付く場合は補助活用を使う

打消の助動詞「ず」の後ろに助動詞を続ける場合は、主に補助活用(「ざり」の列)を使います(平安時代では)。

【例】源氏物語・帚木(ははきぎ)
けしうははべらざるべし。
ず・ざる_打消_けしうははべらざるべし
(訳)悪くはございますまい。

 

打消を強める表現

副詞の後ろに打消の語を伴って、強い打消(まったく~ない、けっして~ない)を表すことがあります。

  • 敢へて(あて) … 「まったく~ない」「いっこうに~ない」
  • 大方(おかた) … 「まったく~ない」「少しも~ない」
  • 掛けて(かけて) … 「決して~ない」「少しも~ない」
  • 更に(さらに) … 「まったく~ない」「決して~ない」
  • 総て(すべて) … 「まったく~ない」「全然~ない」
  • 絶えて(たえて) … 「まったく~ない」「いっこうに~ない」
  • つやつや … 「まったく~ない」「いっこうに~ない」
  • 努努(ゆめゆめ) … 「まったく~ない」「決して~ない」
  • 露(つゆ) … 「まったく~ない」「少しも~ない」
  • 世に(よに) … 「決して~ない」「全然~ない」
【例】大和物語・158段「鹿鳴く声」
わがかたにはさらにヽヽヽ
ず_打消_さらに寄り来ず
(訳)自分のほうにはまったく寄りつかない。

 

「え~ず」(不可能)

副詞の「え」に打消や反語の語を伴って、不可能(とても~できない、じゅうぶんに~しない)を表すことがあります。

ちなみに「え」は、ア行下二段動詞「」の連用形が副詞化した語です。

【例】源氏物語・胡蝶
花もえもいはぬ匂ひを散らしたり。
え~ず_打消_えもいはぬにほひ
(訳)花も、えも言われぬ(じゅうぶんに言いつくせない)良い香りを漂わせている。

 

「ずは」

「ず」には「~ないで」と「~ないならば」という二つの意味があります。

「ずは」の訳し方

  1. 「~ないで、~ずに」
  2. 「~ないならば」

 

①「~ないで」

【例】万葉集・巻12・3086
なかなかに人とあら桑子にもならましものを玉の緒ばかり

中々なかなか ひと不在あらず 桑子くはこ ならましもの たまばかり

ずは_打消_人とあらずは
(訳)なまじ、人として生きずに、むしろ、かいこにでもなるほうがましだ。玉の緒のように短い命であっても。

 

②「~ないならば」

【例】竹取物語・大伴の大納言と龍の頸の玉
たつくびたま取り得かへな。
ずは_打消_龍の頸の玉取り得ずは
(訳)龍の頸の玉を取ることができなければ(できないならば)帰って来るな。

 
※参考:「ずは」の成り立ちについて
「ずは」の成り立ちについては、主に次のような説に分かれます。

  • ①②のどちらの意味も「ず(連用形)+ は(係助詞)」と解釈する説 … (A)
  • ①の意味は「ず(連用形)+ は(係助詞)」、②の意味は「ず(未然形)+ は(接続助詞「ば」の清音化)」と解釈する説 … (B)

旺文社の『古語辞典』や『岩波 古語辞典』などは、前者(A)の説を採用しています。

一方で、『実例詳解 古典文法総覧』(小田勝、和泉書院、2015年)では、後者(B)の説が採用されています。特に、①「~ないで、~ずに」の意味については、「上代特有の語法といえる」(470ページ)としています。

「抜いて」と「脱いで」はともに接続助詞「て」、「をば」の「ば」は係助詞「は」の濁音化したものとみるのだから、このような扱い(※「ずは」の「は」を清音化した接続助詞「ば」と解釈すること)もそれほど無理なものではない
(※『実例詳解 古典文法総覧』小田勝、和泉書院、2015年、267・268ページ)

 
※参考:「未然形+ば」と「已然形+ば」
「未然形+ば」は、順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけん(~ならば)を意味します。

順接仮定条件

順接仮定条件

一方、「已然形+ば」は、順接じゅんせつ確定かくてい条件じょうけん(~ので、~から/~すると/~するといつも)を意味します。

順接確定条件

順接確定条件

 

「なくに」

基本的に、「なくに」は「~ないのに」と訳します(※ク語法)。

※ク語法…活用語の語尾に「く」がついて名詞になる語法

【例】万葉集・巻3・265
苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野の渡りに家もあらなく

くるしく 零来ふりくるあめ 神之埼みわのさき 狭野さのわたり いへ不有国あらなくに

なくに_打消_家もあらなくに
(訳)困ったことに降ってきた雨だ。三輪の崎の佐野のあたりに、雨やどりする家もないのに。

 
※参考文献
・『実例詳解 古典文法総覧』小田勝、和泉書院、2015年


 
・『改訂増補 古文解釈のための国文法入門』松尾聰、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、2019年


 
・『吉野式古典文法スーパー暗記帖 完璧バージョン』吉野敬介、学研プラス、2014年


 
※本文引用
・『新編日本古典文学全集 萬葉集』小島憲之・木下正俊・東野治之、小学館、1994年
・『新編日本古典文学全集 (12) 竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語』片桐洋一・高橋正治・福井貞助・清水好子、小学館、1994年
・『新編日本古典文学全集 源氏物語』阿部秋生・今井源衛・秋山虔・鈴木日出男、小学館、1994年
・『新編日本古典文学全集 (26) 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記 讃岐典侍日記』藤岡忠美・中野幸一・犬養廉・石井文夫、小学館、1994年

-助動詞
-

執筆者:


Sponsored Links



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

助動詞「る・らる」の活用・意味・識別を解説

助動詞「る・らる」の活用・意味・識別を解説

古文の助動詞「る」「らる」には、受身・尊敬・可能・自発の4つの用法がありますが、「自発と可能、どっちの意味なのか区別がつかない」、「他の助動詞との違いが分からない」という悩みはよく聞かれます。 Spo …

古文・古典の助動詞「む・むず」の意味、活用、接続などのまとめ

古文・古典の助動詞「む・むず」の意味、活用、接続などのまとめ

古文の助動詞「む」「むず」についての解説です。活用や、意志・適当・推量の意味の見分け方を、例文を交えながらご紹介します。 Sponsored Link   【POINT】 「む」「むず」の読 …

古文の助動詞「じ」の意味・用法を例文つきで解説。

古文の助動詞「じ」の意味・用法を例文つきで解説。

古典の助動詞「じ」には、打消推量・打消意志の用法があります。今回は「じ」の活用や接続、意味について、用例をまじえながら解説します。 Sponsored Link   【POINT】 「じ」は …

古文の助動詞「す・さす・しむ」の意味や活用、見分け方を例文つきで解説

古文の助動詞「す・さす・しむ」の意味や活用、見分け方を例文つきで解説

古文の助動詞の「す」「さす」「しむ」には、使役・尊敬の2つの用法があると解説されますが、「見分け方が難しい」「使い分けがわからない」という声はよく聞かれます。 Sponsored Link &nbsp …

古文の助動詞「まし」の意味や活用を解説。反実仮想・ためらい・希望・推量の用法があります。

古文の助動詞「まし」の意味や活用を解説。反実仮想・ためらい・希望・推量の用法があります。

古文(古典)の助動詞「まし」の意味や活用について例文を交えながら解説します。 Sponsored Link   【POINT】 反実仮想の基本的な形は「ましかば~まし」「ませば~まし」「せば …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎を見ること(2012年~)
古文や古典を楽しむ人が一人でも増えればよいなと考えながら情報発信しております。


       スポンサーリンク