21~30番歌

百人一首の意味と文法解説(24)このたびは幣も取りあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに┃菅家(菅原道真)

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-24

投稿日:2018年3月11日 更新日:

このたびはぬさも取りあへずたむけやま紅葉の錦神のまにまに

スポンサーリンク

小倉百人一首から、菅家(菅原道真)の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。

また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

ふだん我々が使っている字の形になおした(翻刻と言う)ものと、ひらがなのもとになった漢字(字母)も紹介しておりますので、ぜひ見比べてみてください。

原文

ogura-hyakunin-isshu-24

百人一首(24)このたびは幣も取りあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに


画像転載元
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541162

翻刻(ほんこく)(普段使っている字の形になおす)

hyakuni-isshu-honkoku-24

百人一首(24)このたびは幣も取りあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに

釈文(しゃくもん)(わかりやすい表記)

菅家
このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに
 

字母(じぼ)(ひらがなのもとになった漢字)

hyakunin-isshu-jibo-24

百人一首(24)このたびは幣も取りあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに

現代語訳(歌意)・文法解説

※宇多上皇(うだじょうこう)が奈良におでかけになったときに、旅の安全をいのって幣(ぬさ)をたむける山で、よんだ歌。

今回の旅は幣の用意もできませんでした。手向山(たむけやま)の色とりどりの紅葉(もみじ)の葉を幣(ぬさ)として差しあげますので、神のお心にしたがってお受け取りください。(幣を用意できなかったのは、上皇のおでかけが突然で、いそがしかったため、という説によりました。)

このたびは幣も取りあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに

このたびは幣も取りあへず手向山紅葉のにしき神のまにまに

※打消(うちけし)の助動詞「ず」は未然形接続です。未然形接続の助動詞は、「る・らる・す・さす・しむ・ず・じ・む・むず・まし・まほし・ふ・ゆ」の13種類です。助動詞の解説は「古典の助動詞の活用表の覚え方」にまとめました。

※天皇・上皇などがでかけることを、行幸(ぎょうこう/みゆき)と言います。(例:今ひとたびのみゆき待たなむ
 

道真の和歌を前提にして素性法師がよんだ和歌

※道真(みちざね)の和歌を受ける形で、素性法師(そせいほうし)がよんだ和歌です。

たむけにはつゞりの袖もきるべきにもみぢに飽ける神や返さむ

訳)たむけをするために私の粗末な衣のそでを幣(ぬさ)として切って差しあげるべきでしょうが、道真がささげた紅葉の幣に満足していらっしゃる神が、その紅葉の幣をお返しなさるでしょうか、いや、お返しなさらないでしょう。

古今和歌集・羇旅、素性法師:たむけにはつゞりの袖もきるべきにもみぢに飽ける神や返さむ

古今和歌集・羇旅、素性法師:たむけにはつゞりの袖もきるべきにもみぢに飽ける神や返さむ

※『古今和歌集』の420番目の歌が道真の和歌で、その次の421番目が素性法師の和歌です。

※係助詞と係り結びについては「古典の助詞の覚え方」をご覧ください。

※存続・完了の助動詞「り」はサ変動詞の未然形と四段動詞の已然形に接続します。サ変の未然形も、四段の已然形も、どちらも「e(エ)」の母音で終わります。したがって、母音「e(エ)」のうしろに「ら・り・る・れ」がつづいたら、まずは存続・完了の助動詞をうたがうようにしましょう。

さみしい「リ」:存続・完了の「り」

さみしい「リ」:存続・完了の「り」


e + ら・り・る・れ:存続・完了

e + ら・り・る・れ:存続・完了

「飽ける」は「満足している」というように、存続の意味で訳します。

※動詞の活用(形の変化)については「古典の動詞の活用表の覚え方」でご確認ください。

※助動詞については「古典の助動詞の活用表の覚え方」にまとめてあります。

※「ゝ」や「ゞ」の文字は、同じ字をくり返すときに使います。漢字の場合は「々」、カタカナの場合は「ヽ」を使います。キーボードで入力するときは、「くりかえし」あるいは「おなじ」と打って変換すると出てくるはずです。ちなみに「〳〵」もくり返し記号で、たて書きで並べると「く」の字ようになります。これは2文字つづけてくり返すときに使う記号で、たとえば「つれづれ」を「つれ〴〵」と表すときに使います。横書きの場合は使えないので、スラッシュをかさねて、「\/」のようにして代用することもあります。

繰り返し記号

繰り返し記号

 

語釈(言葉の意味)

※特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)による。
 

詞書(ことばがき)

※詞書とは、和歌がよまれた事情を説明する短い文のことです。

朱雀院(すざくいん)の、奈良におはしましたりける時に、手向山(たむけやま)にて、よみける(※宇多上皇が奈良におでかけになったときに、旅の安全をいのって幣をたむける山で、よんだ歌。)

「御幸(みゆき)の御供なれば、心慌ただしくて、幣も取りあへぬなり」(両度聞書(りょうどききがく))。次の歌(※道真の和歌が古今和歌集の420番目の歌。次の421番目の素性法師の和歌のこと)とともに昌泰(しょうたい)元年(898)十月の宇多上皇の吉野宮滝への行幸(日本紀略)の時の歌か。扶桑略記(ふそうりゃっき)によれば、是貞(これさだ)親王を除くと、大納言右大将の菅原道真が筆頭で供奉(ぐぶ)(※天皇のお供をすること)の責任者。勅命(ちょくめい)(※天皇・上皇の命令)による諸臣の献歌・献句のことも記されている。

※詞書と注の引用は『新日本古典文学大系 古今和歌集』小島憲之・新井栄蔵、岩波書店、1989年、139ページ)によります。
 

このたびは

(※「この旅」と「この度」を掛ける。)
 

ぬさ【幣】

①神に祈る時のささげ物。また、罪けがれを祓(はら)うためのささげ物。主として木綿〈ゆふ〉・麻を使ったが、後には布・帛(はく)・紙などを使うこともあった。「佐保過ぎて奈良の手向(たむけ)に置く―は妹を目離(か)れずあひ見しめとそ」〈万三〇〇〉。「―とは、神に奉る絹なり」〈能因歌枕〉

○幣
神への供えもの、特に五色の布。(『新日本古典文学大系 古今和歌集』100ページより)
 

たむけやま【手向山】

旅の道中の安全を祈って手向の神を祀った所で、諸所にあり、本来固有名詞ではないが、その中でも、奈良山・逢坂山などが有名であった。『八雲御抄』が「大和。仍チ近江ノ由範兼抄ニ見ユ」とするのもそのせいである。紅葉や花が風に散るさまを幣(ぬさ)を手向けることに見立てた表現が多く、「このたびは幣(ぬさ)もとりあへず手向山もみぢの錦神のまにまに」(古今集・羇旅・道真、百人一首)や「吹く風を神やいさめむ手向山折ればかつ散る花の錦に」(郁芳三品集)などとよまれた。そのほか「白雪」を「幣」や「白木綿(ゆふ)」に見立てた表現もあった。
歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

○手向山
「手向け」する山の意の普通名詞。旅の安全を祈って幣を手向ける山。(『新日本古典文学大系 古今和歌集』139ページより)
 

にしき【錦】

①絹織物の一。金糸銀糸色糸を使って織り成した、華麗な厚手の織物。「―綾の中につつめる斎児(いつきご)も」〈万一八〇七〉
②模様の華麗なものをたとえていう語。「みわたせば柳桜をこきまぜて都ぞ春の―なりける」〈古今五六〉
 

神のまにまに

●まにまに【随】

「……にそのまま従って」「……につれて」の意。「このたびは幣(ぬさ)もとりあへず手向山(たむけやま)もみぢの錦神のまにまに」(古今集・羇旅・道真、百人一首)「君がゆく越の白山しらねども雪のまにまに跡をたづねむ」(古今集・離別・兼輔)のように、「……にそのまま従って……」の意に解されるのである。
『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

●まにま【随・随意】
〘副〙従って。まま。まにまに。「死にも生きも君が―と」〈万一七八五〉

●まにまに【随に】
〘副〙
①思う通りに。「天へ行かば、汝(な)が―」〈万八〇〇〉。「立つとも坐(う)とも君が―」〈万一九一二〉
②…に従って。…につれて。「漕ぎ行く―、海のほとりにとまれる人も遠くなりぬ」〈土佐一月九日〉
 

作者:菅家(かんけ) 菅原道真(すがわらのみちざね)について

宇多天皇の重臣

承和(じょうわ)12年(845)~延喜(えんぎ)3年(903)。参議(さんぎ)是善(これよし)の三男。

学者の家系に生まれ、おさないころから漢学にすぐれ、元慶(がんぎょう)元年(877)に文章博士(もんじょうはかせ)になりました。

宇多天皇(うだてんのう)(光孝天皇の皇子)に信頼され、従二位(じゅにい)右大臣(うだいじん)にのぼりました。

官位・位階

官位・位階


 

遣唐使廃止

遣唐使(けんとうし)は中国大陸の文化や情勢を学ぶために派遣されましたが、中国(当時は唐)が戦乱によりおとろえたため、寛平(かんぴょう)6年(894)、道真の意見により廃止されました。

日本史語呂合わせ:遣唐使廃止(白紙にもどそう遣唐使)

日本史語呂合わせ:遣唐使廃止(白紙にもどそう遣唐使)


 

大宰府(だざいふ)に左遷(させん)

右大臣の菅原道真は、左大臣の藤原時平(ふじわらのときひら/しへい)とともに朝廷の中心的立場にいましたが、道真をこころよく思わない人々に「道真は娘婿(むすめむこ)の斉世(ときよ)親王を天皇に即位させようとたくらんでいる」と讒言(ざんげん)(事実とちがったことを言って人をおとしいれること)され、昌泰(しょうたい)4年(901)、大宰権帥(だざいのごんのそち)として左遷されました。また、道真の4人の息子たちも各地に左遷されました。

※左遷当時は醍醐天皇。宇多天皇は譲位して上皇(じょうこう)になっていました。

菅原道真の系図:光孝・宇多・醍醐・朱雀・村上

菅原道真の系図:光孝・宇多・醍醐・朱雀・村上


 

大宰府(だざいふ)

大宰府は現在の福岡県にありました。長官が大宰帥(だざいのそち)です。

また、権官(ごんかん)と言って、定員外に人を増やすときは「権(ごん)」の字をつけて呼びます。大宰権帥(だざいのごんのそち)は大宰帥の権官ということです。

道真は京にもどることなく、延喜3年(903)、この地で没しました。

大宰府・大宰帥・大宰権帥

大宰府・大宰帥・大宰権帥

紫式部(むらさきしきぶ)の娘である大弐三位(だいにのさんみ)の呼称は、夫の高階成章(たかしなのなりあきら)の官職が大宰大弐だったことに由来します。
 

北野天満宮(北野天神)

道真の死後、京では道真の左遷に関与した時平や、その周辺の人々があいついで亡くなり、清涼殿(せいりょうでん)(天皇の住居)には雷が落ちます。

これを人々は、怨霊になった道真のたたりだと恐れ、鎮魂のために道真を北野天満宮(きたのてんまんぐう)(北野天神)に祭りました。

さらに、道真には朝廷から太政大臣の位が贈られ、左遷された道真の息子たちは京に呼びもどされました。
 

『更級日記』(さらしなにっき)

平安後期の日記文学、『更級日記』を書いた菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)は道真の子孫です。

また、孝標女の母方の伯母には、『蜻蛉日記』(かげろうにっき)を書いた藤原道綱母(ふじわらのみちつなのはは)がいます。

更級日記(菅原孝標女)・蜻蛉日記(藤原道綱母)

更級日記(菅原孝標女)・蜻蛉日記(藤原道綱母)

孝標女は、後朱雀天皇(ごすざくてんのう)の皇女の祐子内親王(ゆうしないしんのう)に仕えました。同じく祐子内親王に出仕(しゅっし)した歌人に祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)がいます。

日記文学の覚え方

日記文学は「とかげいずむらさらさぬき」と覚えます。くわしくは「文学史のまとめ」のページをご覧ください。

●参考文献
・『新詳日本史』(2009年、浜島書店)
・『土屋の古文常識222』(土屋博映、1988年、代々木ライブラリー)
 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

関連記事:同じく紅葉をよんだ和歌はこちら
嵐吹く三室の山の紅葉葉は竜田の川の錦なりけり(能因法師)

-21~30番歌
-, , ,

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌
上の句 下の句 決まり字

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-23

百人一首の意味と文法解説(23)月見れば千々にものこそ悲しけれ我が身ひとつの秋にはあらねど┃大江千里

月見ればちぢにものこそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど スポンサーリンク 小倉百人一首から、大江千里の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しま …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-29

百人一首の意味と文法解説(29)心あてに折らばや折らむ初霜のおきまどはせる白菊の花┃凡河内躬恒

こころあてに折らばや折らむはつしものおきまどはせる白菊の花 スポンサーリンク 小倉百人一首から、凡河内躬恒の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理し …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-26

百人一首の意味と文法解説(26)小倉山峰のもみぢ葉心あらばいまひとたびのみゆきまたなむ┃貞信公

をぐらやま峰のもみぢば心あらば今ひとたびの行幸待たなむ スポンサーリンク 小倉百人一首から、貞信公の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-28

百人一首の意味と文法解説(28)山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば┃源宗于朝臣

山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば スポンサーリンク 小倉百人一首から、源宗于朝臣の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-22

百人一首の意味と文法解説(22)ふくからに秋の草木のしをるればむべ山風を嵐といふらむ┃文屋康秀

吹くからに秋の草木のしをるればむべやまかぜをあらしと言ふらむ スポンサーリンク 小倉百人一首から、文屋康秀の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理し …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク