古典文法

古文の形容動詞の活用の基本 – ナリ活用・タリ活用の覚え方

古文の形容動詞の活用の基本 - ナリ活用・タリ活用の覚え方

投稿日:2018年5月14日 更新日:

古文の形容動詞の活用の覚え方をご紹介します。覚えるのはナリ活用とタリ活用です。

スポンサーリンク

古文の形容動詞の活用表の覚え方

まずは形容動詞が古典文法全体の中で、どの位置にあるかご確認ください。下の表は覚えなくて大丈夫です。

単語の分類-形容動詞

単語の分類-形容動詞


さて、形容動詞を覚えるにあたって、準備がありますのでこちらをご覧ください。
 
 

古典の形容動詞を覚えるための準備

形容詞のページでも同じことを書きましたので、すでにご存じの方はとばしていただいてかまいません。

まずは、それぞれの活用形を覚えます。

・未然(みぜん)
・連用(れんよう)
・終止(しゅうし)
・連体(れんたい)
・已然(いぜん)
・命令(めいれい)

まだ覚えていない方は、「みぜん・れんよう・しゅうし・れんたい・いぜん・めいれい」と30回、音読しましょう。また、覚えるときには指を折ってかぞえると効果的です。

未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形

未然形・連用形・終止形・連体形・已然形・命令形


この図のように、活用形がそれぞれの指と対応していると、じっさいに古文を読んでいるときに、品詞分解がしやすくなります。
 
 

形容動詞のナリ活用・タリ活用

形容動詞の活用表です。

古文の形容動詞の活用表

古文の形容動詞の活用表


 

形容動詞・ナリ活用

形容動詞のナリ活用の覚え方です。30回、音読しましょう。

なら、なり・に、なり、なる、なれ、なれ

ナリ活用:なら、なり・に、なり、なる、なれ、なれ

ナリ活用:なら、なり・に、なり、なる、なれ、なれ


 
●例)『徒然草(つれづれぐさ)』序段

つれづれなるままに、日ぐらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

訳)
することがなくて退屈で孤独(こどく)なまま、一日中、硯(すずり)にむかって、心に浮かんでは消えるつまらない事を、とりとめもなく書きつけてみると、ふしぎとおかしな気分になってくる。

つれづれなるままに

つれづれなるままに

※本文の引用は『新版徒然草』(小川剛生訳注、角川ソフィア文庫、2015年、14ページ)によります。

 

形容動詞・タリ活用

形容動詞のタリ活用の覚え方です。30回、音読しましょう。

たら、たり・と、たり、たる、たれ、たれ

タリ活用:たら、たり・と、たり、たる、たれ、たれ

タリ活用:たら、たり・と、たり、たる、たれ、たれ

形容動詞「タリ」の前に来る言葉は、漢語(漢字の音から成立している言葉)です。
 
●例)『詩経(しきょう)』周南

桃夭

桃夭


訳)
桃の木はわかわかしく、その花は赤々と輝く。この子がこうして嫁いでゆけば、家庭はきっとうまくゆく。
桃の木はわかわかしく、大きな実がふくらむ。この子がこうして嫁いでゆけば、家庭はきっとうまくゆく。
桃の木はわかわかしく、葉も青々としげる。この子がこうして嫁いでゆけば、家族はきっとうまくゆく。

桃夭

桃夭

※引用は『新釈漢文大系 詩経(上)』(石川忠久、明治書院、1997年、27ページ)によります。
 
 

助動詞「なり」「たり」と同じ活用

形容動詞のナリ活用・タリ活用は、それぞれ助動詞の「なり」・「たり」と同じ活用をします。

助動詞のナリ・タリと活用は同じ

助動詞のナリ・タリと活用は同じ


 
 

古典が苦手な方はこちらの記事をチェック

古文が苦手な方はこちらの記事もご覧ください。

古典文法の勉強法(基礎編)わかりやすい覚え方で用言の活用形から学ぶ

また、百人一首を品詞分解して現代語訳と文法解説をつけたページもございますので、勉強のテキストとしてぜひご利用ください。

百人一首 現代語訳 一覧┃わかりやすい意味で恋の歌も簡単に理解

●参考文献
・『精選古典改訂版』北原保雄、平成21年、大修館書店
・『吉野の古典文法スーパー暗記帖』吉野敬介、2008年、学習研究社

ホーム

-古典文法
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

体言止めの意味や効果を例文で解説

体言止めの意味や効果を例文で解説

体言止めの使い方や意味を、例文をまじえながら解説します。そもそも体言とは何か、というところからご説明しますので、文法が苦手な方も大丈夫です。 スポンサーリンク 目次1 体言止めの意味:文が名詞で終わる …

古文の動詞の活用と覚え方 - 見分け方のコツは種類の少ないものを暗記すること

古文の動詞の活用と覚え方 – 見分け方のコツは種類の少ないものを暗記すること

古文の動詞の活用表の覚え方と、見分け方について解説します。何も見ないで活用表を書けるようになるまで練習することが重要です。また、動詞の種類を見分けられるようになるには、種類の少ない動詞から覚えることが …

古文の助詞の覚え方 - まずは種類の確認から

古文の助詞の覚え方 – まずは種類の確認から

古文の助詞は地味で見おとされやすい分野ですが、古典文法の中では助動詞と並んで最も重要な項目の一つです。助詞の種類を覚えておくと品詞分解もしやすくなるので、「助詞の知識はいらない」というのは間違いです。 …

古文の形容詞の活用の一覧と覚え方(ク活用・シク活用・補助活用)

古文の形容詞の活用の一覧と覚え方(ク活用・シク活用・補助活用)

古文の形容詞の活用を覚える方法を、一覧表を使ってご紹介します。ク活用・シク活用・補助活用、それぞれの種類の違いについても解説いたしますので、古典文法が苦手な方でも大丈夫です。覚え方は簡単で、音読が非常 …

古文(古典)の助動詞の意味と覚え方 - 活用表の一覧でまず接続を暗記

古文(古典)の助動詞の意味と覚え方 – 活用表の一覧でまず接続を暗記

古文の助動詞の活用を覚えるポイントと、助動詞の種類の見分け方を紹介します。古典をむずかしいと感じる原因のひとつが助動詞です。活用や接続の種類が多くて大変と感じるかもしれませんが、覚え方にはコツがありま …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク