0~10番歌

百人一首の意味と文法解説(1)秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ┃天智天皇

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-1

投稿日:2018年3月10日 更新日:

あきのたのかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露に濡れつつ

スポンサーリンク

小倉百人一首から、天智天皇の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。

また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

ふだん我々が使っている字の形になおした(翻刻と言う)ものと、ひらがなのもとになった漢字(字母)も紹介しておりますので、ぜひ見比べてみてください。

原文

ogura-hyakunin-isshu-1

百人一首(1)秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ


画像転載元
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541162

翻刻(ほんこく)(普段使っている字の形になおす)

hyakuni-isshu-honkoku-1

百人一首(1)秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ

釈文(しゃくもん)(わかりやすい表記)

天智天皇
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露に濡れつつ
 

字母(じぼ)(ひらがなのもとになった漢字)

hyakunin-isshu-jibo-1

百人一首(1)秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ

現代語訳(歌意)・文法解説

※この和歌の題やよまれた事情は明らかでない。

秋の田んぼの仮につくった小屋の苫(とま)の編み目が粗いので、私の袖は露にぬれている。

※下の語釈(ごしゃく)欄で示すとおり、この和歌はあくまで伝承歌であって、天智天皇が本当によんだ和歌ではない、というのが通説です。

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露に濡れつつ

※「苫を粗み」は、直訳すれば「苫が粗いので」になります。「名詞 + を + 形容詞の語幹 + み」の形で、「○○が~なので」という意味になります。そのほかに、「風をいたみ」や「瀬をはやみ」などの例があります。

※格助詞、係助詞、接続助詞などの解説は「古典の助詞の覚え方」にまとめたのでご覧ください。
 

語釈(言葉の意味)

※特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)による。
 

詞書(ことばがき)

※詞書とは、和歌がよまれた事情を説明する短い文で、和歌の前につけられます。

題しらず(※和歌の題やよまれた事情が明らかでないこと。)

▽万葉集・巻十「秋田刈る仮庵を作り我が居れば衣手寒く露ぞ置きにける」の異伝ないしは改作であろう。天智天皇の歌となったのは、平安時代の天皇が天武天皇方ではなく天智天皇の子孫であり、民とともに農耕にたずさわり、粗末な小屋で袖を濡らす聖帝のイメージが作られていたからであろう。

※詞書と注の引用は『新日本古典文学大系 後撰和歌集』(片桐洋一、岩波書店、1990年、92ページ)によります。
 

かりほ【仮廬】

「かりいほ」の約。『万葉集』には「世の中の繁き仮廬(かりほ)に住み住みて至らむ国のたづき知らずも」(巻十六)のようにこの世を「仮のすみか」として「仮廬」といった例もあるが、他は「……秋萩の散らへる野辺の 初尾花 仮廬に葺きて 雲離れ 遠き国辺の 露霜の 寒き山辺に 宿りせるらむ」(万葉集・巻十五)や「秋田刈る仮廬を作り吾が居れば衣手寒く露ぞおきにける」(同・巻十)のように旅行の途次の宿りや稔った稲を監視するために仮に造った小屋のことをいう。しかし、いずれも「露」とのかかわりでよまれているのは注目すべきであろう。
 ところで、平安時代以降になると、『百人一首』にもとられている『後撰集』の「秋の田のかりほの庵のとまをあらみ我が衣手は露にぬれつつ」(秋中・天智天皇)が有名になり、「雁鳴きて山風さむし秋の田のかりほの庵の村雨の空」(玉葉集・秋上・光俊)のようによまれた。「かりほのいほ」は「刈穂の庵」とする説も中世からあったが、『万葉集』からあった「仮廬」にさらに「廬(いほ)」をつけて語調を整えたと見るほうが自然であろう。
歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

○かりほのいほ
「かりほ」は「かりいほ(仮庵)」の約。稲が稔る頃、その護衛のために仮に作った小屋。(※『新日本古典文学大系 後撰和歌集』92ページ)
 

とま【苫】

スゲ・カヤなどの草を編んだ薦(こも)。小屋の屋根・周囲や船の上部などを覆うのに使う。「秋の田のかりほの庵(いほ)の―をあらみ」〈後撰三〇二〉。「〔小屋ハ〕あらあらしげにて、―といふものを一重うち葺きたれば、月のこりなくさし入りたるに」〈更級〉。「苫、度万(とま)、編菅茅以覆屋也」〈和名抄〉
 

従来、接尾語として説かれている「瀬を早み」「風をいたみ」などの「み」は、その機能からみて、接続助詞と考えたい。形容詞(まれに、形容詞型活用の助動詞)の語幹につく。多く上に助詞「を」を伴い、「…のゆえに」「…なので」の意で、原因・理由をあらわす。
「いた泣かば人知りぬべ、幡舎(はさ)の山の鳩の下泣きに泣く」〈紀歌謡七一〉「采女の袖吹きかへす明日香風都を遠いたづらに吹く」〈万五一〉「山高川雄大(とほしろ)し、野を広草こそ繁き」〈万四〇一一〉「瀬を早岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ」〈詞花二二八〉
 

ころもで【衣手】

①袖。「朝露に裳の裾ひづち、夕霧に―ぬれて」〈万三六九一〉
 

つつ

奈良時代に極めて多く用いられ、平安時代以後、次第に「ながら」に取って代られた語である。語源については多くの説があるが、首肯されるものはない。動詞型活用語の連用形を承け、主に同じ動作の反覆される意を表わす(1)。(中略)なお、歌で、「つつ」が文末に来て、そこで歌いとめる用法がある。形式上断止の形とならず、下文が予想される状態で言いさすので、何とない余情のこもる用法である(6)。

(1)「しきたへの袖返しつつ寝る夜おちず夢には見れど」〈万三九七八〉「玉の緒のくくり寄せつつ末終にゆきは分れず同じ緒にあらむ」〈万四一五〇〉
(6)「三島野に霞たなびきしかすがに昨日も今日も雪は降りつつ」〈万四〇七九〉「こと降らば袖さへ濡れてとほるべく降りなむ雪の空に消(け)につつ」〈万二三一七〉
 

作者とされる天智天皇(てんじてんのう)について

平安時代の天皇の祖先

推古天皇(すいこてんのう)34年(626)~天智天皇(てんじてんのう)10年(671)。父は舒明(じょめい)天皇。母は皇極(こうぎょく)天皇(のちに重祚(ちょうそ)して斉明(さいめい)天皇)。

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ/なかのおおえのみこ)と称しました。

大化(たいか)元年(645)に、中臣鎌足(なかとみのかまたり)とともに蘇我蝦夷(そがのえみし)・入鹿(いるか)を暗殺し(※乙巳(いっし)の変)、大化の改新を進めました。

長く皇太子にとどまっていましたが、都を近江(おうみ)(※いまの滋賀県)にうつした翌年の天智天皇7年(668)に、第38代の天皇として、ようやく即位しました。

近江に遷都したので「近江の帝(みかど)」とも呼ばれます。

※大化は日本で最初の年号。天智天皇を補佐した鎌足には、死去する直前に「藤原」の姓が贈られました。

天智天皇の系図:舒明・皇極・孝徳・斉明・天智・弘文・天武・持統・文武

天智天皇の系図:舒明・皇極・孝徳・斉明・天智・弘文・天武・持統・文武

672年の壬申(じんしん)の乱により、天皇の系統は天武天皇のほうにうつりますが、光仁・桓武の時代からふたたび天智天皇の系統にもどります。
 

壬申の乱(じんしんのらん)

671年に天智天皇が死去した翌年の672年に起きた戦乱。天智の子の大友皇子(おおとものみこ)と、天智の弟の大海人皇子(おおあまのみこ)が皇位継承をめぐって争いました。

672年:壬申の乱(吉野方の勝利)

672年:壬申の乱(吉野方の勝利)

壬申の乱は大海人皇子率いる吉野方の勝利に終わり、大友皇子は自殺しました。

その後すぐに、大海人皇子は飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)に遷都し、即位して天武天皇(てんむてんのう)となりました。

飛鳥浄御原宮は、694年に持統天皇(じとうてんのう)が藤原京(ふじわらきょう)に遷都するまで皇居でした。
 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

-0~10番歌
-, , , ,

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌
上の句 下の句 決まり字

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-7

百人一首の意味と文法解説(7)天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも┃阿部仲麿

あまのはらふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも スポンサーリンク 小倉百人一首から、阿部仲麿の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-8

百人一首の意味と文法解説(8)わがいほは都の巽しかぞ住む世を宇治山と人は言ふなり┃喜撰法師

我が庵はみやこのたつみしかぞ住む世を宇治山と人は言ふなり スポンサーリンク 小倉百人一首から、喜撰法師の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しまし …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-9

百人一首(9)花の色は移りにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに【小野小町】意味と文法解説

はなのいろは移りにけりな徒らにわがみ世にふるながめせし間に スポンサーリンク 小倉百人一首から、小野小町の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しま …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-6

百人一首の意味と文法解説(6)かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける┃大伴家持

かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける スポンサーリンク 小倉百人一首から、大伴家持の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-2

百人一首の意味と文法解説(2)春過ぎてなつきにけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山┃持統天皇

春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山 スポンサーリンク 小倉百人一首から、持統天皇の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 ▼ …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク