古典文法 助動詞

古文の助動詞「る・らる」の活用・意味・識別を解説。

助動詞「る・らる」の活用・意味・識別を解説

投稿日:2021年2月5日 更新日:

古文の助動詞「る」「らる」には、受身・尊敬・可能・自発の4つの用法がありますが、「自発と可能、どっちの意味なのか区別がつかない」、「他の助動詞との違いが分からない」という悩みはよく聞かれます。

Sponsored Link

 
今回は、古典の「る」「らる」のそれぞれの意味を整理したうえで、その判別方法や使い分け、覚え方、接続、活用などについて、例文をまじえながら解説します。

【POINT】

  • 「れ給ふ」「られ給ふ」の「る」「らる」は尊敬ではない
  • 平安時代の「る」「らる」が可能の意味になるのは、打消し表現を伴う場合のみ(と一般的に考えられている)
  • 「思ふ」「思す」などの感情を表す動詞といっしょに使われる自発の用例は多い(それぞれ「思はる」「思さる」の形)

 

「る・らる」の活用

下二段型(下二段動詞と同じ)

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ
らる られ られ らる らるる らるれ られよ

 

「る・らる」の接続

る  四段・ナ変・ラ変の未然形
らる 四段・ナ変・ラ変以外の未然形

助動詞:る・らる

助動詞:る・らる

 

「る・らる」の意味

  • 受身うけみ「~れる・~られる」
  • 尊敬そんけい「お~になる・~なさる」
  • 可能かのう「~れる・~られる・~ことができる」
  • 自発じはつ「~れる・~られる・~自然と~れる」

 

①受身(うけみ)「~れる・~られる」

「る」「らる」の前に「…に」がある、または「…に」を補える場合は、受身と解釈します。

【例】枕草子・ありがたきもの
ありがたきもの、しうとにほめらるる婿むこ。また、しうとめに思はるるよめの君。
る・らる_受身_舅にほめらるる婿
る・らる_受身_姑に思はるる嫁の君
(訳)めったにないもの、それは、舅に褒められる婿。また、姑にかわいがられる嫁君。

 

②尊敬(そんけい)「お~になる・~なさる」

高貴な人・身分が高い人(例:天皇・后・親王・公卿など)が動作の主体の時の「る」「らる」は、尊敬と解釈します。

また、尊敬の「る」「らる」が「給ふ」に接続して使われることはないと考えられています。そのため、「れ給ふ」「られ給ふ」という形で使われる「る」「らる」は、受身・可能・自発のいずれかの意味と解釈します。

【例】更級日記・上洛の旅
(みかどのむすめ)「いつることいまひとり、われにいて聞かせよ」とおほられければ、
る・らる_尊敬_仰せられければ
(訳)(天皇の娘は)「あなたが言ったことを、もう一度、わたしに言って聞かせなさい」とおっしゃったので、

 

③可能(かのう)「~れる・~られる・~ことができる」

可能の「る」「らる」は、平安時代以前の場合、打消・反語・「なし」の語と一緒に使われます。

可能の「る」「らる」が打消を伴わずに単独で使われるのは、中世になってからです(通説では)。

【例】更級日記・上洛の旅
おそろしくてられず。
る・らる_可能_いもねられず2
(訳)恐ろしくて、眠ることもできない。

 

④自発(じはつ)「~れる・~られる・~自然と~れる」

感情を表す動詞(例:思ふ・偲ぶ・泣く)につく「る」「らる」は、自発の意味と解釈します。

【例1】更級日記・上洛の旅
悲しくて、人知れずうち泣かぬ。
る・らる_自発_うち泣かれぬ
(訳)悲しくて、人知れず、泣かずにはいられなかった。

 
また、自分の動作を表す場合も、自発と解釈するのが一般的です。この場合は、「(自然と)〜れる、〜られる」と訳せるので、可能表現とも考えられます。

【例2】更級日記・上洛の旅
南ははるかに野のかた見やら
る・らる_自発_見やらる
(訳)南は、はるかに遠く野の末まで視界がひらけている。

 
自発と可能の区別があいまいであることは、文法書などでも指摘されています。

松尾聰は『改訂増補 古文解釈のための国文法入門』(改訂増補版・ちくま学芸文庫)の中で、源氏物語の二つの用例、「白たへの衣打つ砧の音もかすかにこなたかなた聞きわたされ(※砧の音もかすかに、あちらこちら自然と耳にして)」と、「いといたく荒れて人目もなくはるばると見渡されて(※荒れ果てて人目もなく、はるばると自然に見渡されて)」を引いて次のように述べています。

この後者の二例は、可能(可能の肯定)と解くことができるかもしれない、大体現代語で可能の意をあらわす「できる」という語も、「る」から生まれた語で、「自然に発生出現する」意が本来であろうから、可能と自発が近いことは推察できよう。
(※『改訂増補 古文解釈のための国文法入門』松尾聰、2019年、ちくま学芸文庫、54ページ)

 

「る・らる」の意味の見分け方・識別方法

「る・らる」の四つの意味の識別方法をまとめると次のとおりです。

  • 「…に」がある、補える → 受身
  • 身分の高い人が主語 → 尊敬
  • 感情を表す動詞に付く → 自発
  • 打消表現と一緒 → 可能(不可能)
  • 上記以外の肯定文 → 自発(中世以後なら可能と解釈してよい)

 

よく見られる「る・らる」の例

尊敬

  • 仰せらる(おせらる) …… 「おっしゃる」「命じる」
  • 思さ(おぼさる) …… 「お思いになる」

自発(感情を表す動詞)

  • 思は(おもる) …… 「自然に思われる」
  • 思ひ出でらる(おもいでらる) …… 「自然と思い出される」
  • 思ひ嘆か(おもなげかる) …… 「悲しく思われる」
  • 偲ば(しのばる) …… 「自然となつかしく思い出される」
  • 泣か(なかる) …… 「泣かないではいられない」

自発(感情以外の動詞・可能表現に近い)

  • 見やら(みやらる) …… 「自然と遠くまで見える/視界が開けている」

可能(打消を伴って不可能の意味)

  • 寝も寝られず(いもねられず) …… 「眠ることもできない」

 

存続・完了の助動詞「り」との区別など

存続・完了の助動詞「り」の接続は、サ変の未然形・四段の已然形です。どちらも「e (エ)」の母音で終わります。

そのため、「e + ら・り・る・れ」の形を見たら、まっさきに「存続・完了の『り』ではないか」と疑うことができます。

また、先ほど例示した「見やらる」を「見や + らる」と解釈するのは間違いです。このような間違いを防ぐには、動詞の活用と、「る」「らる」の接続を正確に覚えておく必要があります。

特に助動詞については、「活用は覚えているけれど、接続はうろ覚え」という場合がよくあります。

未然形接続・連用形接続・終止形接続(ラ変型には連体形接続)・それ以外、と接続ごとにまとめて覚えるのがおすすめです。

助動詞の接続・動詞については、以下からご確認いただけます。↓

>>古文(古典)の助動詞の意味と覚え方 – 活用表の一覧でまず接続を暗記

>>古文の動詞の活用と覚え方 – 見分け方のコツは種類の少ないものを暗記すること

 
※参考文献
・『実例詳解 古典文法総覧』小田勝、和泉書院、2015年


 
・『改訂増補 古文解釈のための国文法入門』松尾聰、筑摩書房(ちくま学芸文庫)、2019年


 
・『吉野式古典文法スーパー暗記帖 完璧バージョン』吉野敬介、学研プラス、2014年


 
※本文引用
・『新編日本古典文学全集 (26) 和泉式部日記 紫式部日記 更級日記 讃岐典侍日記』藤岡忠美・中野幸一・犬養廉・石井文夫、小学館、1994年
・『新編日本古典文学全集 (18) 枕草子』松尾聡・永井和子、小学館、1997年

-古典文法, 助動詞
-

執筆者:


Sponsored Links



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

古文の助動詞「まし」の意味や活用を解説。反実仮想・ためらい・希望・推量の用法があります。

古文の助動詞「まし」の意味や活用を解説。反実仮想・ためらい・希望・推量の用法があります。

古文(古典)の助動詞「まし」の意味や活用について例文を交えながら解説します。 Sponsored Link   【POINT】 反実仮想の基本的な形は「ましかば~まし」「ませば~まし」「せば …

古文の敬語の覚え方 - 一覧で種類や対象を確認するのが見分け方の基本

古文の敬語の覚え方 – 一覧で種類や対象を確認するのが見分け方の基本

古文の敬語がよくわからない方のために、敬語の見分け方や覚え方をご紹介します。尊敬語・謙譲語・丁寧語、それぞれの敬語の一覧を確認しながら、古典の敬語の基本をおさえていくのが重要です。 Sponsored …

古文の形容動詞の活用の基本 - ナリ活用・タリ活用の覚え方

古文の形容動詞の活用の基本 – ナリ活用・タリ活用の覚え方

古文の形容動詞の活用の覚え方をご紹介します。覚えるのはナリ活用とタリ活用です。 Sponsored Link 目次1 古文の形容動詞の活用表の覚え方1.1 古典の形容動詞を覚えるための準備1.2 形容 …

古文の助動詞「じ」の意味・用法を例文つきで解説。

古文の助動詞「じ」の意味・用法を例文つきで解説。

古典の助動詞「じ」には、打消推量・打消意志の用法があります。今回は「じ」の活用や接続、意味について、用例をまじえながら解説します。 Sponsored Link   【POINT】 「じ」は …

古文の助詞の覚え方 - まずは種類の確認から

古文の助詞の覚え方 – まずは種類の確認から

古文の助詞は地味で見おとされやすい分野ですが、古典文法の中では助動詞と並んで最も重要な項目の一つです。助詞の種類を覚えておくと品詞分解もしやすくなるので、「助詞の知識はいらない」というのは間違いです。 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎を見ること(2012年~)
古文や古典を楽しむ人が一人でも増えればよいなと考えながら情報発信しております。


       スポンサーリンク