81~90番歌

百人一首の意味と文法解説(88)難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき┃皇嘉門院別当

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-88

投稿日:2018年3月12日 更新日:

難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき

スポンサーリンク

小倉百人一首から、皇嘉門院別当の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。

また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

ふだん我々が使っている字の形になおした(翻刻と言う)ものと、ひらがなのもとになった漢字(字母)も紹介しておりますので、ぜひ見比べてみてください。

原文

ogura-hyakunin-isshu-88

百人一首(88)難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき

画像転載元
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541162

翻刻(ほんこく)(普段使っている字の形になおす)

hyakuni-isshu-honkoku-88

百人一首(88)難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき

釈文(しゃくもん)(わかりやすい表記)

皇嘉門院別当
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき
 

字母(じぼ)(ひらがなのもとになった漢字)

hyakunin-isshu-jibo-88

百人一首(88)難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき

現代語訳(歌意)・文法解説

※摂政(せっしょう)の藤原兼実(かねざね)が右大臣だった時に主催した歌合せで、「旅宿(りょしゅく)に逢う恋」といったことをよんだ歌。

難波に生えている葦(あし)の、その刈り根の一節(ひとよ)のように短い一夜をともに過ごしたせいで、澪標(みおつくし)ではないけれど、この身をささげつくして恋をしつづけなければならないのだろうか。

難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき

難波江の葦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき

掛詞(かけことば)。音が同じことを利用して、二つの意味を表すことです。「かりね」が「仮寝」「刈根」を、「ひとよ」が「一夜」「一節」を、「みをつくし」が「澪標」「身を尽くし」を、それぞれ掛けます。

※縁語(えんご)。ある言葉から連想される「縁(えん)」のある言葉のことです。「難波江」に対する「澪標」「渡る」、「」に対する「刈根」「一節」が縁語にあたります。

※係助詞「や」は連体形で結びます。係り結びは「ぞ・なむ・や・か=連体、こそ=已然形」とまとめて覚えます。

係助詞:ぞ・なむ・や・か・こそ

係助詞:ぞ・なむ・や・か・こそ

助詞の解説は「古文の助詞の覚え方」にまとめましたのでご確認ください。
 

語釈(言葉の意味)

※特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)による。
 

詞書(ことばがき)

※詞書とは、和歌がよまれた事情を説明する短い文のことで、和歌の前に置かれます。

摂政右大臣の時の家歌合に、旅宿に逢ふ恋といへる心をよめる(※摂政の藤原兼実が右大臣だった時に主催した歌合せで、「旅宿(りょしゅく)に逢う恋」といったことをよんだ歌。)

※注
○摂政右大臣(せっしょううだいじん) 藤原兼実(かねざね)(1149~1207年)。治承(じしょう)2年(1178)、『右大臣家百首』を主催。父は藤原忠通。弟に慈円が、子に藤原良経がいる。

※詞書の引用は『新日本古典文学大系 千載和歌集』(片野達郎・松野陽一、1993年、岩波書店、244ページ)によります。
 

難波江

難波の入江。このあたりでの旅宿であることを示す。(『新日本古典文学大系 千載和歌集』244ページ)

●なには ナニワ 【難波・浪速】
今の大阪市およびその付近の古称。「―の碕(みさき)に到るときに奔(はや)き潮有りて太(はなは)だ急(はや)きに会ひぬ。因りて名(なづ)けて浪速(なみはや)の国とす。亦、浪花(なみはな)といふ。今―といふは訛(よこなま)れるなり」〈紀神武即位前〉

●―え【難波江】大阪市淀川河口付近の海の古称。また特に、難波の堀江。「―の潮満つまでに」〈平中二三〉

●なには【難波(なにわ)】

摂津国の淀川の河口周辺。今の大阪市のこと。「昔こそ難波ゐなかと言はれけめいま都引き都びにけり」(万葉集・巻三・宇合)とあるが、上町台地を除けば海ともつかず陸ともつかずというような低湿地であって、葦が生い茂り、荒涼としたイメージであったようである。「津の国の難波の葦の目もはるに繁き我が恋人知るらめや」(古今集・恋二・貫之)「津の国の難波の春は夢なれや葦の枯葉に風わたるなり」(新古今集・冬・西行)など「葦」をよんだ歌はきわめて多い。(中略)なお、「難波人(びと)」「難波舟」「難波女(め)」「難波江」「難波潟」「難波津」「難波の海」「難波の浦」「難波の御津(みつ)」「難波堀江」などという形でもよく歌によまれたが、とらえ方は「難波」の場合とおおむね同じと言ってよかろう。
『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

 

補足:難波の地図

※難波は現在の大阪府です(参考歌:難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花)。

難波津・難波(いまの大阪府)

 

葦のかりねの一夜ゆゑ

「仮寝」に「刈根」、「一夜」に「一節(よ)」をかける。「かりね」「ひとよ」は蘆(あし)の縁語。(『新日本古典文学大系 千載和歌集』244ページ)
 

あし【葦・蘆】

イネ科の多年草。水辺に生える。茎は屋根をふき、また垣・簾(すだれ)を作るのに使う。奈良時代には難波のアシが有名だった。「―刈ると海士(あま)の小舟は」〈万四〇〇六〉。「―を伊勢には浜荻(はまをぎ)と云ふ也。摂津国には―といひ、東(あづま)にはよしといふなど云へり」〈仙覚抄四〉
 

かりね

(※「仮寝」と「刈り根」を掛ける。)

●かりね【仮寝】
①ちょっとの間寝ること。「難波江の葦の―(刈根・仮寝)のひとよ(一節・一夜)ゆゑ」〈千載集八〇六〉
②旅寝。また、(女と)仮の契りをむすぶこと。「秋の野の草の繁みは分けしかど―の枕結びやはせし」〈源氏夕霧〉

●かりね【仮寝】

旅などで臨時的に宿った所で寝ること。「難波江の葦のかりねの一夜ゆゑ身をつくしてや恋ひわたるべき」(千載集・恋三・皇嘉門院別当、百人一首)のように「刈」と「仮」、「根」と「寝」を掛けることが多かった。
『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

 

ひとよ

(※「一夜」と「一節(ひとよ)」を掛ける。)

●よ【節】
《ヨ(代・世)と同根か》
竹などの、ふしとふしとの間。「節(ふし)を隔てて―ごとに金(こがね)ある竹を見つくる事かさなりぬ」〈竹取〉。「両節間、ヨ」〈名義抄〉
 

身をつくしてや

「澪標(みをつくし)」(航路標識)をかける。「みをつくし」「わたる」は難波江の縁語。(『新日本古典文学大系 千載和歌集』244ページ)
 

みをつくし

●みをつくし【澪標】
《「水脈(みを)つ串」の意》
水先案内のために、水脈の標識としてさす杭。難波のものが名高い。歌で「身を尽し」に掛けて使われることが多い。「遠江(とほつあふみ)引佐(いなさ)細江の―吾(あれ)を頼めてあさましものを」〈万三四二九〉

●みをつくし【澪標(みおつくし)】

平安時代、難波(なにわ)は淀川の河口がいたずらに広がって浅瀬が多く、船の航行に難渋したので、水脈や水深を示すために串(くし)を立てた。「水脈(みを)つ串」の「つ」は、「の」の意味だから「水脈」を示す「串」のことである。和歌によまれる場合は「身を尽(つ)くし」の意を掛けることが多く、また「難波(なには)」と呼応することも多かった。「君恋ふる涙の床にみちぬればみをつくしとぞ我はなりぬる」(古今集・恋二・興風)「わびぬれば今はた同じ難波なる身をつくしてもあはむとぞ思ふ」(後撰集・恋五・元良親王、百人一首)などがその例である。
『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

●つく・し【尽し】
〘四段〙《ツキ(尽)の他動詞形》
①ありたけの力を使い果たす。「情(こころ)―・すな大夫(ますらを)にして」〈万四二一六〉
 

わたる

●わた・り【渡り】
一〘四段〙《水面や空間を直線的に横切って、向う側に到着する意。移行の経路がはっきりしているので、出発点と到着点との二つの方面にかかわる意も表し、平面的な広がりに関してもいうようになった。また、時間的に、過去から現在まで引き続いて存在する意》
➊海や川などの水面を通路にして、直線的に通って対岸へゆく。
①(海や川などの水の上を、馬や舟などを使って)向う側へ移る。「神無備(かむなび)のこの山辺からぬばたまの黒馬(くろま)に乗りて川の瀬を七瀬―・りて」〈万三三〇三〉。「大船に真楫(まかぢ)繁(しじ)貫(ぬ)き海原を漕ぎ出て―・る月人壮子(つきひとをとこ)」〈万三六一一〉
➎②《他の動詞の連用形について、その動作が、広い場面にわたって行なわれたり、時間的に長く続いたりする意を表わす》
㋺…し続ける。「橘の林を植ゑむほととぎす常に冬まで住み―・るがね」〈万一九五八〉。「人の妻(め)にてありける人に、しのびて逢ひ―・りけるを」〈大和六〉
 

べし

〔意味〕
「べし」の意味の根本は、物事の動作・状態を「必然・当然の理として納得する外はない状態である」と判断を下す点にある。個人の好き嫌い・希望などを超えた必然的な状態と判断することであるから、道理から当然であること、あるいは、「…すべきである」と義務を表わす場合もあり(1)、運命であることを示すこともある(2)。(中略)

(1)「食す国天の下の政は平けく安く仕へ奉るべしとなも思ほしめす」〈続紀宣命二四〉「大夫は名をし立つべし後の代に聞き継ぐ人も語り継ぐがね」〈万四一六五〉「艶に物恥ぢして恨み言ふべき事をも見知らぬさまに忍びて」〈源氏帚木〉
(2)「世の中は数なきものか春花の散りのまがひに死ぬべき思へば」〈万三九六三〉「あから引く色妙の子をしば見れば人妻故に吾恋ひぬべし」〈万一九九九〉(後略)
 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

-81~90番歌
-, , , ,

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌
上の句 下の句 決まり字

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-86

百人一首の意味と文法解説(86)なげけとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな┃西行法師

嘆けとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな スポンサーリンク 小倉百人一首から、西行法師の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-89

百人一首の意味と文法解説(89)玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする┃式子内親王

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする スポンサーリンク 小倉百人一首から、式子内親王の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理し …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-82

百人一首の意味と文法解説(82)思ひわびさても命はあるものを憂きに堪へぬは涙なりけり┃道因法師

思ひわびさても命はあるものをうきにたへぬは涙なりけり スポンサーリンク 小倉百人一首から、道因法師の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-85

百人一首の意味と文法解説(85)夜もすがらもの思ふ頃は明けやらでねやのひまさへつれなかりけり┃俊恵法師

夜もすがら物思ふ頃は明けやらで閨のひまさへつれなかりけり スポンサーリンク 小倉百人一首から、俊恵法師の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しまし …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-87

百人一首の意味と文法解説(87)むらさめの露もまだひぬまきの葉に霧たちのぼる秋の夕暮れ┃寂蓮法師

村雨の露もまだひぬ槙の葉に霧たちのぼる秋の夕暮れ スポンサーリンク 小倉百人一首から、寂蓮法師の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 ▼ …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク