古文

古文のノートの作り方・取り方・書き方

古文のノートの作り方・取り方

投稿日:2018年5月24日 更新日:

古典に限らずノートの取り方を見なおせば学習の成果はあがります。予習の段階から勉強のしやすいノート作りを意識すれば、授業も効率よく利用できるし、復習もスムーズにおこなえるので、定期テスト直前に何をすればよいのかわからなくてあわててしまうことも防げます。今回は、古文の学習に効果的なノートの作り方を紹介します。ぜひ古典の勉強の参考にしてください。

Sponsored Link

古典はルーズリーフよりもノートがおすすめ

ルーズリーフでもかまわないのですが、紙をなくしてしまう危険もありますし、なにより見開きでページを大きく使いたいので、キャンパスノートのほうが便利です。

見やすいノートを作るポイントは、余白を大きめにとることです。

余白をのこしたほうが見やすく、あとでメモを書き足すこともできるのでおすすめです。

 

古文の予習

分からない所を明確に

分からない所を明確に

予習の目的は、わからないところを確認することです。どこがわからないのか、あらかじめ確認したうえで授業にのぞめば、わからないところを授業中にチェックするだけなので、先生の解説も有効に使うことができます。

それでは、予習の段階からノートの作り方をくわしく見ていきましょう。

 

①教科書の本文を書き写す

まずは、授業であつかう教科書の本文をノートに書き写します。これは、私の高校時代の先生の方針で、生徒は全員、テキストをノートに書き写さなくてはなりませんでした。

実際にやってみてわかったことですが、ノートに書き写すことで、古文独特の文章のリズムに親しむことができます。古文のリズムに慣れてくると、本文が頭に入りやすくなって、文法も覚えやすくなるため、非常に有効な勉強方法だと思います。

本文を書き写すときのポイントは、ボールペンを使うことです。マーカーでラインを引いても、にじまないようにするために、黒のボールペンでノートに写します。

私の印象では、ボールペンは0.4ミリのサラサクリップがにじみづらく、カスも出づらいのでよく使っていました。

 

ノートの上半分の2/3を使う

基本的に古文はタテ書きなので、ノートを横において、ページを上下に見開きで使えるようにします。

古文のノート:上側3分の2に本文を書く

古文のノート:上側3分の2に本文を書く

そして、ページのだいたい2/3のところに線を引いて、その線の上の部分に教科書の本文を書いていきます。

それぞれの文の間は、4行くらい間をあけて、じゅうぶんに余白をとりましょう。本文の間に品詞分解をして書きこんでいきます。

 

②品詞分解と現代語訳

書き写した本文のとなりに接続や活用、意味などを書きこんでいきます。

古文のノート:本文のとなりに品詞分解

古文のノート:本文のとなりに品詞分解

古文をむずかしいと感じる原因は接続と活用です。助動詞や動詞にどの活用形が接続するのか、それをきちんと確認するのが古文の学習のポイントです。

上の図を見るとわかるとおり、いろいろ書きこむと見づらくなるので、余白をじゅうぶんにとって見やすくすることが大切です。

品詞分解したら、できるかぎり自分の力で現代語訳してみましょう。

古文のノート:残り3分の1に現代語訳を書く

古文のノート:残り3分の1に現代語訳を書く

ページの残りの1/3を使って、現代語訳を本文の下に書きます。これはボールペンでなくて良いです。

予習の段階では「わからないところはどこか」をはっきりさせることが重要ですから、あまり悩みすぎないように注意しましょう。

時間に余裕がある場合は、先生の授業を待たずに、注釈書(ちゅうしゃくしょ)を見て文法事項や単語の意味を確認する方法もあります。

注釈書とは、文学全集のようなもので、作品や作者の背景、言葉の解説などがのっています。授業であつかう作品はほとんど収められています。

おもな注釈書は下記のとおりです。

新編日本古典文学全集(しんぺんにほんこてんぶんがくぜんしゅう)

現代語訳が全文ついているのが特徴です。

新日本古典文学大系(しんにほんこてんぶんがくたいけい)

八代集(はちだいしゅう)(古今和歌集から新古今和歌集までの8つの勅撰和歌集)の注釈書は新大系におさめられています。

新潮日本古典集成(しんちょうにほんこてんしゅうせい)

本文のすぐ横に解説と訳がついているのが特徴で、スピード感をもって読みたいときにちょうど良いです。

和歌文学大系(わかぶんがくたいけい)

ちょっとマイナーな和歌集の解説もついています。新大系本ではものたりないときはこちらを見てみましょう。

新釈漢文大系(しんしゃくかんぶんたいけい)

論語(ろんご)や史記(しき)、文選(もんぜん)、孫子(そんし)などの有名な中国の古典の解説はこちらで見られます。

以上、ちょっと話がそれてしまいましたが、わからない点があったら、先生の解説を待つだけでなく、このような本を見てみるのも良いと思います。公立の図書館ならだいたい置いてあるはずですよ。

 

Sponsored Link

古文の授業

授業では、予習で自分がおこなった品詞分解や現代語訳があっているのか、先生の解説を聞いて確認します。まちがっていたところは直しておきましょう。

古文のノート:授業を聞いて修正していく

古文のノート:授業を聞いて修正していく

また、新しくならったことはノートの下のページに書いていきます。

古文のノート:下のページにまとめる

古文のノート:下のページにまとめる

この部分の書き方は使いやすいように自分なりに工夫してみてください。

たとえば、上下二段にわけて、上のほうに言葉の類義語や対義語をまとめてみたり、下のほうに文学史や背景となる日本史の知識をまとめてみたり、といったように、定期テストの直前にノートを確認したときにわかりやすいような工夫をしてみましょう。

自分なりのノートの取り方を考えるのが大切です。

また、授業を聞いても、予習の段階でうまれた疑問が解決しなければ、先生に質問しに行きましょう。まともな先生であればていねいに教えてくれるはずです。

 

古文の復習

予習と復習のどちらが重要かというと、それは復習のほうが大切です。

新しくならった知識を記憶に定着させるために、その日のうちにノートに目を通しておきましょう。その日のうちにもう一度思い出しておくと、新しい知識が記憶に残りやすくなります。

定期テスト前までほうったらかしにして、直前にまとめて確認するのは良くないです。定期テストは乗りきることができても、多くの場合、一夜漬けは記憶に残りづらいので、学習の効果はうすくなってしまうのです。

 

定期テスト前の古典の準備

古文のノート:定期テスト前に覚えるところ

古文のノート:定期テスト前に覚えるところ

テスト前はノートを使って、授業であつかった本文と、文法知識をすべて暗記しましょう。暗記するときのポイントは音読です。

さきほども言いましたが、古文のリズムに親しむことが重要です。古文を何度も音読して自分の耳で聞いて覚えることで、文法知識なども音で理解することができます。なれてくれば、いちいち活用形を思い出さなくても自然に接続がわかるようになってきます。

覚えるときには、さまざまな刺激を脳に与えることが大切です。自分の口を動かして、自分の声を耳で聞くことによって、脳が刺激されて頭に入りやすくなります。ときには手を動かして書いてみるのも効果的です。

音読する習慣がない方は、ためしに一日10回を、3日にわけて音読してみてください。私の目安では、30回音読すれば、本文を覚えられます。それでも覚えられない場合は回数を増やしましょう。

 

Sponsored Link

後で見返すためにノートを作る

ノートを作るのは、あとで復習するためです。

他人が見てわかりやすいようなノートを作る必要はありませんが、自分が見返したときに何が書いてあるのかよくわからないノートでは、作る意味がありません。

あとで勉強するときに自分が得をするようなノートを目ざして作ってみましょう。

古典文法の勉強法を見る
 

Sponsored Link

-古文
-

執筆者:

古文・古典文法の解説

  ➤ 文法基礎動詞
  ➤ 形容詞形容動詞
  ➤ 助詞助動詞
  ➤ 敬語参考書
  ➤ 古文単語単語帳


Sponsored Link



  1. acco より:

    本田さん、こんにちは。
    中学校で国語科の教員をしているものです。
    昨年度3年生を担当していたとき、高校に向けての準備を話す上でいろいろ調べて、こちらの記事に行き当たりました。
    3年生には主体性を持って準備期間を探してほしいと思い、こちらの内容はそのまま伝えなかったのですが、高校での学習を見据えて中学での授業をしていく上でとても参考になりました。ありがとうございました。

    ところで、今年は1年生を担当しています。
    ノートの書き方を伝えるときの提示資料に載せるイラストとして、本田さんが載せていらっしゃるイラストを使わせていただくことはできるでしょうか?(冒頭の「ノートのつかいかた」のところです)自分で作ることができなくて…
    中学生では古文の品詞分解はまだ行わないので、記事の中身をそのまま授業で活用したりはしません。101人の学年に使うだけです。
    もし差し支えなければ、使用許可をいただけたらありがたいです。
    よろしくお願いします。

    • 本田 より:

      こんにちは。
      コメントを下さいまして、ありがとうございます。
      講義の参考にしていただけたとのことで、非常に光栄に存じます。

      記事内のイラストですが、基本的には、出典のURLと最終閲覧日を明記していただければ、ご自由に引用していただいて構いませんが、今回は恐らくプリントに印刷したり、パワーポイントのスライドに挿入したりして使用されると思われますので、それらも記載せず、加工も含めて、ご自由に使っていただいて問題ございません。

      お役に立てれば幸いです。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      • acco より:

        早々のお返事、ありがとうございます!
        生徒たちに提示するPowerPointに
        添えるイラストととして使いたいとおもっております。
        情報の引用のしかたの授業もこの先ありますので、本田さんにご使用許可をいただいたこと、授業で話します。
        快くご承諾くださって、本当にありがとうございました。

  2. acco より:

    すみません、最初のコメント、間違っているところがありました。
    「準備期間を探してほしい」ではなく、「(高校生活の)準備期間を過ごしてほしい」でした。推敲できていなくて、失礼いたしました。

    • 本田 より:

      いえいえ、こちらこそ、私の拙い記事を広くご利用くださいまして、非常に嬉しく思います。ありがとうございます。
      このようにお便りを頂けますと、webサイトづくりの励みにもなりますので、その他お気づきの点などございましたら、お気軽にコメントを頂けますと幸いです。
      今後とも何卒お願い申し上げます。
      皆さまの学びが実り多いものになりますことを願っております。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古典文法の基本を身につけて読解力を向上させるための、おすすめの古文の参考書・テキストをご紹介いたします。どの参考書を利用しようか迷っている方はぜひご覧ください。 目次1 古文の参考書2 ①古典文法の基 …

古文単語の覚え方 - 『土屋の古文単語222』を使った勉強法

古文単語の覚え方 – 『土屋の古文単語222』を使った勉強法

「古典をスラスラ読めるようになりたいけれど、古文の単語が覚えられない……」 「単語の暗記には1日何個覚えればいいの?」 「試験によく出る敬語表現や出やすい文法、動詞、形容詞を効率よく勉強したい」 以上 …

三夕の歌とは?現代語訳や作者、歌の意味、共通点を解説

三夕の歌(さんせきのうた)とは、新古今和歌集におさめられている3首の和歌のことで、すべて「秋の夕暮れ」という体言(名詞)でしめくくられています。三夕の和歌とも呼ばれます。このページでは、それぞれの歌に …

枕草子「頭の弁の、職に参り給ひて」現代語訳 – 百人一首のとりのそらね

枕草子「頭の弁の、職に参り給ひて」現代語訳 – 百人一首のとりのそらね

百人一首に取られた清少納言の歌、「夜をこめて鳥のそらねははかるともよに逢坂の関は許さじ」が含まれる『枕草子』136段の原文の一部と現代語訳です。 目次1 枕草子・136段「頭の弁の、職に参り給ひて」2 …

古文のわからない箇所を調べるなら教科書ガイドよりも注釈書がおすすめ

古文でわからない所があるなら教科書ガイドではなく注釈書を見るのがおすすめ。

高校の古文の授業で、よくわからないところがあったらどうしますか? それぞれの教科書に対応した教科書ガイドを見ますか? それとも、授業で先生が解説するのをおとなしく待ちますか? たしかに、自分の手で品詞 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎を見ること(2012年~)
古文や古典を楽しむ人が一人でも増えればよいなと考えながら情報発信しております。
その他、趣味で始めたプログラミングに関することや、通信制大学(放送大学)、各種資格試験の体験談などについても、記事にまとめております。


Sponsored Link