百人一首

五色百人一首一覧:青札・赤札(ピンク札)・黄札・緑札・オレンジ札の色別

五色百人一首一覧

投稿日:

五色百人一首の一覧です。青札・桃札(赤札・ピンク札)・黄札・緑札・橙札(オレンジ札)を、ふりがな(ひらがな)を付けて一覧表にしました。読み方をご確認ください。

スポンサーリンク

五色百人一首 青札一覧


  1. あしびきの 山鳥やまどりを(お)の しだりを(お)
     ながながしを ひとりかも
  2. けの つれなくえし わかれより
     あかつきばかり きものはなし
  3. あらしく 三室みむろやまの もみぢ
     竜田たつたかは(わ)の にしきなりけり
  4. 奥山おくやまに 紅葉もみぢみわけ 鹿しか
     こゑ(え)ときぞ あきかなしき
  5. あさぼらけ けのつきと るまでに
     吉野よしのさとに れる白雪しらゆき
  6. さびしさに 宿やどでて ながむれば
     いづこもおなじ あき夕暮ゆふ(う)ぐ
  7. かささぎの わたせるはしに しも
     しろきをれば ぞふけにける
  8. きみがため を(お)しからざりし いのち
     ながくもがなと おもけるかな
  9. かりける ひと初瀬はつせの やまおろしよ
     はげしかれとは いのらぬものを
  10. あまかぜ くもかよ ぢよ
     乙女を(お)とめ姿すがた しばしとどめ
  11. めぐりあて しやそれとも かぬ
     雲隠くもがくれにし 夜半よは(わ)つきかな
  12. わたのはら でてれば ひさかたの
     雲居くもゐ(い)紛ふまごう おき白波しらなみ
  13. 陸奥みちのくの しのぶもぢずり たれ
     みだれそめにし われならなくに
  14. いにしの 奈良ならみやこの 八重桜やへ(え)ざくら
     けふきょう九重ここのへ(え)に にぬるかな
  15. きりぎりす くや霜夜しもよの さむしろに
     ころもかたしき ひとりかも
  16. このたびは ぬさりあず 手向山たむけやま
     紅葉もみぢにしき かみまにま
  17. をこめて とり空音そらねは はかるとも
     よに逢坂あふ(おう)さかの せきゆるさじ
  18. ももしきや ふる軒端のきばの しのぶにも
     なあまりある むかしなりけり
  19. ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて
     あ今年ことしの あきぬめり
  20. おもわび さてもいのちは あるものを
     きにぬは なみだなりけり

五色百人一首 桃札(赤札・ピンク札)一覧


  1. なげけとて つきものを おもする
     かこちがほ(お)なる わがなみだかな
  2. ひとを 松帆まつほうらの ゆふ(う)なぎに
     くや藻塩もしほ(お)の がれつつ
  3. もろともに あれとおも 山桜やまざくら
     はなよりほかに ひともなし
  4. おとく 高師たかしはまの あだなみ
     かけじやそでの れもこそすれ
  5. 高砂たかさごの を(お)へ(え)さくら きにけり
     外山とやまかすみ たずもあらな
  6. ながから こころらず 黒髪くろかみ
     みだれて今朝けさは ものをこそおも
  7. かくとだに えやいぶきの さしもぐさ
     さしもらじな ゆるおも
  8. 有馬山ありまやま 猪名ゐ(い)な笹原ささはら かぜけば
     いでそよひとを わすれやする
  9. うらみわび さぬそでだに あるものを
     こひ(い)ちな こそを(お)しけれ
  10. たれをかも ひとにせ 高砂たかさご
     まつむかしの ともならなくに
  11. しのぶれど いろでにけり わがこひ(い)
     ものおもと ひとまで
  12. かぜをいたみ いは(わ)なみの おのれのみ
     くだけてものを おもころかな
  13. わかれ 因幡いなばやまの みね
     まつとしかば いまかへ(え)
  14. くからに あき草木くさきの しるれば
     むべ山風やまかぜを あらし
  15. 山里やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける
     人目ひとめくさも かれぬとおも
  16. あきの かりほのいほ(お)の とまあら
     わが衣手ころもでは つゆれつつ
  17. 田子たごうらに うちでてれば 白妙しろたへ(え)
     富士ふじ高嶺たかねに ゆきりつつ
  18. 筑波つくばの みねよりつる 男女川みなのがは(わ)
     こひ(い)もりて ふちとなりぬる
  19. なかよ みちこそなけれ おも
     やまおくにも 鹿しかくなる
  20. ながば またこのごろや しのばれ
     しとぞ いまこひ(い)しき

五色百人一首 黄札一覧


  1. はるぎて なつにけらし 白妙しろたへ(え)
     ころもてふちょう あま香具山かぐやま
  2. あまはら ふりさけみれば 春日かすがなる
     三笠みかさやまに でしつきかも
  3. これやこの くもかへ(え)るも わかれては
     るもらぬも 逢坂あふ(おう)さかせき
  4. 住江すみのえの きしなみ よるさ
     ゆめかよ 人目ひとめよくら
  5. 山川やまがは(わ)に かぜのかけたる しがらみは
     ながれもあぬ 紅葉もみぢなりけり
  6. ひさかたの ひかりのどけき はる
     しづごころなく はなるら
  7. 白露しらつゆに かぜきしく あき
     つらぬきとめぬ たまりける
  8. 浅茅あさぢふ(う)の 小野を(お)の篠原しのはら しのぶれど
     あまりてなどか ひとこひ(い)しき
  9. 由良ゆらを わた舟人ふなびと かぢを
     ゆくらぬ こひ(い)みちかな
  10. 八重やへ(え)むぐら しげれる宿やどの さびしきに
     ひとこそえね あきにけり
  11. たきおとは えてひさしく なりぬれど
     こそながれて なこえけれ
  12. 大江山おほ(お)えやま いくののみちの とほ(お)ければ
     まだふみもず あま橋立はしだて
  13. 淡路島あは(わ)ぢしま かよ千鳥ちどりの こゑ(え)
     幾夜いくよめぬ 須磨すま関守せきもり
  14. 秋風あきかぜに たなびくくもの より
     づるつきの かげのさやけさ
  15. ほととぎす きつるかたを ながむれば
     ただけの つきのこれる
  16. 村雨むらさめの つゆもまだぬ まき
     きりたちのぼる あき夕暮ゆふ(う)ぐ
  17. 吉野よしのの やま秋風あきかぜ 小夜さよふけて
     ふるさとさむく ころもつなり
  18. はなさそ あらしには(わ)の ゆきならで
     ふりゆくものは わがなりけり
  19. もすがら ものおもころは けやらで
     ねやひま つれなかりけり
  20. たまを(お)よ えなばえね なが
     しのぶることの よわりもぞする

五色百人一首 緑札一覧


  1. わがいほ(お)は みやこのたつみ しかぞ
     宇治うぢやまと ひとなり
  2. はないろは うつりにけりな いたづらに
     わがにふる ながめせし
  3. わたのはら しまかけて でぬと
     ひとにはげよ 海人あまのつりぶね
  4. きみがため はるでて 若菜わかな
     わが衣手ころもでに ゆきりつつ
  5. ちはやぶる 神代かみよかず 竜田川たつたがは(わ)
     からくれなに みづくくるとは
  6. わびぬれば いまはたおなじ 難波なには(わ)なる
     みつくしても とぞおも
  7. つきれば 千々ちぢものこそ かなしけれ
     わがひとつの あきにはあらねど
  8. 小倉山を(お)ぐらやま みねのもみぢ こころあらば
     いまひとたびの 行幸みゆきたな
  9. こころあてに を(お)らばやを(お) 初霜はつしも
     きまどせる 白菊しらぎくはな
  10. ひとはいさ こころらず ふるさとは
     はなむかしの にほ(お)ける
  11. なつは まだよひ(い)ながら けぬるを
     くものいづこに つき宿やどるら
  12. わすらるる をばおもず ちかてし
     ひといのちの を(お)しくもあるかな
  13. こひ(い)てふちょう わがはまだき ちにけり
     ひとれずこそ おもめしか
  14. ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ
     すゑ(え)松山まつやま なみさじとは
  15. わすれじの すゑ(え)までは かたければ
     今日けふ(きょう)かぎりの いのちともがな
  16. やすらで なましものを 小夜さよふけて
     かたぶくまでの つきしかな
  17. こころにも あらでに なが
     こひ(い)しかるべき 夜半よは(わ)つきかな
  18. ゆふ(う)されば 門田かどた稲葉いなば おとづれて
     あしのまろやに 秋風あきかぜ
  19. わがそでは 潮干しほ(お)ひえぬ おきいし
     ひとこそらね かわもなし
  20. なかは つねにもがもな なぎさ
     海人あま小舟を(お)ぶねの 綱手つなでかなしも

五色百人一首 橙札(オレンジ札)一覧


  1. けぬれば るるものとは りながら
     なうらめしき あさぼらけかな
  2. あさぼらけ 宇治うぢ川霧かは(わ)ぎり たえだえに
     あられわたる 瀬々せぜ網代あじろ
  3. れとも べきひとは おもえで
     のいたづらに なりぬべきかな
  4. ての のちのこころに くらぶれば
     むかしものを おもざりけり
  5. 逢ふあ(お)うことの えてしなくは なかなかに
     ひとをもをも うらみざらまし
  6. あらざら こののほかの おも
     いまひとたびの 逢ふあ(お)うこともがな
  7. いまと しばかりに 長月ながつき
     有明ありあけつきを でつるかな
  8. いまはただ おもえな とばかりを
     ひとづてならで よしもがな
  9. はやみ いは(わ)にせかるる 滝川たきがは(わ)
     われてもすゑ(え)に とぞおも
  10. なげきつつ ひとりの くる
     いかにひさしき ものとか
  11. にしば 逢坂山あふ(おう)さかやまの さねかづら
     ひとられで るよしもがな
  12. 難波江なには(わ)えの あしのかりねの ひとよゆ
     みをつくしてや わたるべき
  13. 難波潟なには(わ)がた みじかあしの ふしの
     でこのを ぐしてよとや
  14. はるの ゆめばかりなる 手枕たまくら
     かなく こそを(お)しけれ
  15. ひとし ひとうらめし あぢきなく
     おもに ものおも
  16. 御垣守みかきもり 衛士ゑ(え)じの よる
     ひるえつつ ものをこそおも
  17. みかのはら わきてながるる いづみがは(わ)
     いつきとてか こひ(い)しかるら
  18. せばやな 雄島を(お)じま海人あまの そでだにも
     れにぞれし いろらず
  19. けなく たみに おほ(お)かな
     わがそまに 墨染すみぞめそで
  20. かぜそよぐ なら小川を(お)がは(わ)の ゆふ(う)れは
     みそぎぞなつの しるしなりける

五色百人一首とは?

五色百人一首とは、小倉百人一首の100首の和歌をその分かりやすさによって、各20首5組の色にグループ分けしたもので、おもに教育現場で使われることを目的として作られました。五色百人一首かるたの取り札の裏には、和歌の上の句が記載されており、遊びながら和歌を学べる工夫が施されています。特に、TOSS(株式会社 教育技術研究所)製のかるたが広く知られています。

▼関連
>>百人一首かるたのおすすめ3選!競技用や小学生の子ども向けなど人気のものから紹介

>>百人一首の読み上げ音声(順番通り&ランダム)全部の歌を女性の声でゆっくり音読。

>>競技かるたのルール。小倉百人一首かるたの並べ方。

>>【百人一首の勉強法】品詞分解で学ぶ古文の文法

-百人一首
-

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

全首一覧 下の句 決まり字
作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌

>>百人一首の読み上げ

>>五色百人一首一覧

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

坊主めくりの遊び方。公式ルールはないから蝉丸の扱いはお好みで。

坊主めくりの遊び方。公式ルールはないから蝉丸の扱いはお好みで。

小倉百人一首のかるたを使った遊びに「坊主めくり」というものがあります。 スポンサーリンク 歌を覚えていない小さな子も遊べます。 また、遊んでいるうちに札も覚えられるようになりますし、大人数で楽しめるの …

競技かるたのルール。小倉百人一首かるたの並べ方。

競技かるたのルール。小倉百人一首かるたの並べ方。

かるたはお正月や夏休みなどで人が集まった時にみんなで遊べるゲームです。 スポンサーリンク 小倉百人一首の歌をある程度覚えたら、対戦形式で実際に札を取ってみましょう。 競技かるたの公式ルールに則った並べ …

小倉百人一首作者一覧(読み方も確認できます)

百人一首 作者 一覧(読み方も確認できます)

小倉百人一首の歌の作者を50音順で一覧表にまとめました。ここからそれぞれの和歌の解説ページに移動することが可能です。一覧には、作者名のとなりに、歌番号と、上の句の最初の部分(初句)もあわせて表示します …

百人一首を解説するおすすめの本。小学生にわかりやすいのは?

百人一首を解説するおすすめの本。小学生にわかりやすいのは?

解説付きの百人一首の書籍はたくさんありますが、小学生の子どもも簡単に読める本はいったいどれなのでしょうか。基本的な古典文法から、恋にまつわる難しい言葉の意味まで、くわしく説明する本格的なもので、なおか …

「ちはやふる」の意味とは?百人一首で有名な「ちはやぶる」の現代語訳。

「ちはやふる」の意味とは?百人一首で有名な「ちはやぶる」の現代語訳。

小倉百人一首の有名な歌「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」は平安時代の歌人、在原業平が詠んだ和歌ですが、「ちはやぶる」(ちはやふるとも言う)はどのような意味を持つのでしょうか。 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク