41~50番歌

百人一首の意味と文法解説(42)契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは┃清原元輔

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-42

投稿日:2018年3月11日 更新日:

ちぎりきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

スポンサーリンク

小倉百人一首から、清原元輔の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。

また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

ふだん我々が使っている字の形になおした(翻刻と言う)ものと、ひらがなのもとになった漢字(字母)も紹介しておりますので、ぜひ見比べてみてください。

原文

ogura-hyakunin-isshu-42

百人一首(42)契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは


画像転載元
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541162

翻刻(ほんこく)(普段使っている字の形になおす)

hyakuni-isshu-honkoku-42

百人一首(42)契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

釈文(しゃくもん)(わかりやすい表記)

清原元輔
契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは
 

字母(じぼ)(ひらがなのもとになった漢字)

hyakunin-isshu-jibo-42

百人一首(42)契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

現代語訳(歌意)・文法解説

※心変わりした女に、よんだ歌。

心変わりすることはあるまいと、あなたと約束いたしましたのに。お互いに涙で濡れた袖をしぼりながら、「末の松山を波が越えることはあるまい」と。

契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波こさじとは

初句切れ

※「き」は過去の助動詞の終止形。接続は連用形です。連用形接続の助動詞は「き・けり・つ・ぬ・たり・たし・けむ」の7種類です。助動詞の接続と活用は「古典の助動詞の活用表の覚え方」をご覧ください。

※「な」は詠嘆の終助詞、「つつ」は反復・継続の接続助詞です。助詞の解説は「古典の助詞の覚え方」にまとめましたのでご確認ください。
 

『古今和歌集』の歌をふまえた和歌

きみをおきてあだし心をわが持たば末の松山浪もこえなん(古今集・東歌)

※訳 … あなたを差しおいてほかの人を想う心を私が持ったならば、越えられないはずの末の松山は、波もきっと越えてしまうでしょう。

※古今集の引用は『新日本古典文学大系 古今和歌集』(小島憲之・新井栄蔵、岩波書店、1989年、331ページ)によります。
 

語釈(言葉の意味)

※特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)による。
 

詞書(ことばがき)

※詞書とは、和歌のよまれた事情を説明する短い文のことで、和歌の前に置かれます。

心変りて侍(はべ)りける女に、人に代りて(※心変わりした女に、ある人の代理で、よんだ歌。)

※詞書の引用は『新日本古典文学大系 後拾遺和歌集』(久保田淳・平田喜信、1994年、岩波書店、250ページ)によります。
 

ちぎり【契り】

一〘四段〙
①約束する。「―・りけむ心ぞつらきたなばたの年に一たび逢ふは逢ふかは」〈古今一七八〉
 

(※過去の助動詞「き」終止形。)
 

(感動・詠嘆)
活用語の終止形や助詞などを承けて、感動・詠嘆、また軽い確認の意を表わす。
「河の上(へ)のゆつ岩群に草生(む)さず常にもがも常処女(とこをとめ)にて」〈万二二〉「霍公鳥(ほととぎす)楝(あふち)の枝に行きて居ば花は散らむ珠と見るまで」〈万三九一三〉「花の色は移りにけりいたづらに」〈古今一一三〉「うちうちに宣はせよ」〈源氏・葵〉
 

かたみ【片身】

胴体を背筋中心に縦に二つに分けた、左右いずれかの半分。衣服にもいう。「御衣(おんぞ)の―づつ、誰かとく縫ふと」〈枕九五〉
 

●そで【袖】

 (前略)しかし、「袖」によって連想されるものは、やはり「涙」である。「天の川恋しき瀬にぞ渡りぬるたきつ涙に袖は濡れつつ」(後撰集・秋上・読人不知)「つれづれのながめにまさる涙川袖のみ濡れて逢ふよしもなし」(古今集・恋三・敏行)のように「涙」に「濡れ」、「契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山浪越さじとは」(後拾遺集・恋四・元輔、百人一首)のように「袖をしぼり」、「我ながら思ふか物をとばかりに袖にしぐるる庭の松風」(新古今集・雑中・有家)のように「袖」が「時雨」に濡れそぼち、「ぬばたまの夜渡る月をおもしろみ吾が居る袖に露ぞおきにける」(万葉集・巻七)のように「時雨」や「露」が袖を濡らし、「袖の雫(しづく)」(伊勢物語・七十五段)「袖の滝つせ」(新拾遺集・恋一)などにもたとえられたが、いっぽうそのように落ちる涙をとめるものとして「袖」を「柵(しがらみ)」(拾遺集・恋四)として用いたりもした。(後略)
『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

●袖を絞・る
涙でぬれた袖をしぼる。袖をしぼるほど涙を流して泣く。「上一人より下万人に至るまで―・らぬはなかりけり」〈保元下・為義の北の方〉
 

つつ

(※~ながら。何度も~して。)
 

すゑのまつやま【末松山】

 陸奥(みちのく)の歌枕。陸前国、今の岩手県の一戸町(いちのへちょう)と福岡町の間にある浪打峠をいうとする説もあるが、宮城郡、今の多賀城市の末松山宝国寺の背後にそびえる巨大な松を擬する方が古来有名であり、芭蕉も『奥の細道』でここをたずねている。しかしここが正しいとする積極的根拠は何もない。おそらくは、有名な「君をおきてあだし心をわが持たば末の松山浪も越えなむ(※あなたを差し置いて、浮気心を私が持ったならば、越えられないはずの末の松山を、浪もきっと越えるでしょう。引用者補)」(古今集・東歌・読人不知)によって後代に作られた遺跡であろう。
 (中略)「わが袖は名に立つすゑの松山か空より浪の越えぬ日はなし」(後撰集・恋二・土佐)「契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山浪越さじとは」(後拾遺集・恋四・元輔、百人一首)など、「すゑの松山」の形でよまれているものも多いが、「荒磯のみるめはなほやかづくらむすゑの松まで浪高くとも」(相模集)のように「すゑの松」という形、「松山につらきながらも浪越さむことはさすがに悲しきものを」(後撰集・恋三・時平)などのごとく「松山」の形でよまれているものも多い。しかし、そのいずれもが『古今集』の「君をおきてあだし心を……」の歌を踏まえて表現していることに変わりはない。
『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年

 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

-41~50番歌
-, , ,

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌
上の句 下の句 決まり字

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-43

百人一首の意味と文法解説(43)あひみての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり┃権中納言敦忠

逢ひ見ての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり スポンサーリンク 小倉百人一首から、権中納言敦忠の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-50

百人一首の意味と文法解説(50)君がため惜しからざりし命さへながくもがなと思ひけるかな┃藤原義孝

君がため惜しからざりし命さへながくもがなと思ひけるかな スポンサーリンク 小倉百人一首から、藤原義孝の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-44

百人一首の意味と文法解説(44)逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をもうらみざらまし┃中納言朝忠

逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をもうらみざらまし スポンサーリンク 小倉百人一首から、中納言朝忠の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理 …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-48

百人一首の意味と文法解説(48)風をいたみ岩うつ波のおのれのみ砕けてものを思ふころかな┃源重之

風をいたみ岩うつ波のおのれのみ砕けてものを思ふころかな スポンサーリンク 小倉百人一首から、源重之の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-46

百人一首の意味と文法解説(46)ゆらのとをわたる舟人かぢをたえ行方も知らぬ恋の道かな┃曽祢好忠

由良の門をわたる舟人かぢをたえゆくへも知らぬ恋の道かな スポンサーリンク 小倉百人一首から、曽祢好忠の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク