71~80番歌

百人一首の意味と文法解説(74)うかりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを┃源俊頼朝臣

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-74

投稿日:2018年3月12日 更新日:

憂かりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

スポンサーリンク

小倉百人一首から、源俊頼朝臣の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。

また、くずし字・変体仮名で書かれた江戸時代の本の画像も載せております。

ふだん我々が使っている字の形になおした(翻刻と言う)ものと、ひらがなのもとになった漢字(字母)も紹介しておりますので、ぜひ見比べてみてください。

原文

ogura-hyakunin-isshu-74

百人一首(74)うかりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

画像転載元
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2541162

翻刻(ほんこく)(普段使っている字の形になおす)

hyakuni-isshu-honkoku-74

百人一首(74)うかりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

釈文(しゃくもん)(わかりやすい表記)

源俊頼朝臣
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを
 

字母(じぼ)(ひらがなのもとになった漢字)

hyakunin-isshu-jibo-74

百人一首(74)うかりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

現代語訳(歌意)・文法解説

※藤原俊忠(ふじわらのとしただ)の邸宅で、恋の十首歌をよみました時に、「いのっても逢瀬がかなわない恋」という題でよんだ歌。

(私につれない態度をとる人を、「なびかせてください」と初瀬の観音に祈ったけれど、)祈ってもやはりつれない人を、初瀬の山おろしよ、その風がはげしく吹きつけるようにあの人がますますつれない態度をとるようにとは、祈らなかったのだが。

憂かりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

憂かりける人を初瀬の山おろしよはげしかれとは祈らぬものを

※助動詞の接続・活用については「古文の助動詞の意味と覚え方」をご覧ください。

※形容詞の解説は「古文の形容詞の活用の一覧と覚え方」をご覧ください。

※参考:形容詞の活用表

古文の形容詞一覧

古文の形容詞一覧

 

語釈(言葉の意味)

※特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)による。
 

詞書(ことばがき)

※詞書とは、和歌のよまれた事情を説明する短い文のことで、和歌の前に置かれます。

権中納言俊忠家に恋の十首歌よみ侍(はべり)ける時、祈れども逢はざる恋といへる心をよめる

※詞書の訳
藤原俊忠(ふじわらのとしただ)(※関連歌:百人一首(72)「音に聞く……」)の邸宅で、恋の十首歌をよみました時に、「祈っても逢瀬がかなわない恋」という題でよんだ歌。

※詞書の引用は『新日本古典文学大系 千載和歌集』(片野達郎・松野陽一、1993年、岩波書店、216ページ)によります。
 

憂かりける人

こちらが思ってもなびかなかったつれない人。(『新日本古典文学大系 千載和歌集』216ページ)
 

うし

●う・し【憂し】
〘形ク〙
①憂鬱だ。いやだ。「世間(よのなか)を―・しとやさしと思へども」〈万八九三〉。「命長きは―・き事にこそありけれ」〈栄花鳥野辺〉
②《自分に憂い思いをさせる意から》恋愛の相手の態度が無情だ。つれない。「〔女ハ〕ほかにかくれにけり。あり所は聞けど、人の行き通ふべき所にもあらざりければ、〔男ハ〕なほ―・しと思ひつつなんありける」〈伊勢四〉
 

ひと【人】

➊物や動物に対する、人間。「わくらばに―とはあるを、人並みに吾も作るを」〈万八九二〉。「―ならば母が最愛子(まなご)そあさもよし紀の川の辺の妹と背の山」〈万一二〇九〉
➌《深い関心・愛情の対象としての人間》①意中の人物。夫。恋人。「わが思ふ―の言(こと)も告げ来ぬ」〈万五八三〉。「人柄は、宮の御―にて、いとよかるべし」〈源氏藤袴〉
 

初瀬の山おろしよ

「はげし」を導く序。呼びかけ。「初瀬」は大和国の歌枕。長谷寺がある。「山おろし」は山から吹きおろす烈しい風。(『新日本古典文学大系 千載和歌集』216ページ)
 

はつせ【泊瀬・初瀬】

《初瀬(はせ)の古称》
①大和国磯城(しき)郡の地名。泊瀬朝倉宮などのあった上代帝京の地。「河風の寒き―を」〈万四二五〉
 

やまおろし【山颪】

山から吹きおろす風。「―の風な吹きそとうち越えて」〈万一七五一〉。「九月になりぬ。―いと激しう、木の葉のかくろへなくなりて」〈源氏夕霧〉
 

はげしかれ

憂きことがはげしくあれ。「山おろし」の縁語。(『新日本古典文学大系 千載和歌集』216ページ)
 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

-71~80番歌
-, , ,

執筆者:

小倉百人一首検索

▼テーマ別検索

作者一覧 六歌仙 三十六歌仙
女性歌人 恋の歌 四季の歌
上の句 下の句 決まり字

▼初句検索

あきぜに ぎりす はるぎて
あきたの こころてに はるよの
ぬれば こころ かたの
あさふの ひとを ひといさ
あさぼらけ たびは ひとをし
あさぼらけ すてふ くからに
ひきの やこの ととぎす
あはしま びしさに みかもり
あはとも ぶれど みかはら
みての つゆに ばやな
あふとの みのえの のくの
あまかぜ をはやみ しのの
あまはら さごの らさめの
あららむ のおとは ぐりあひて
あらふく のうらに しきや
ありけの わかれ ともに
ありやま のをよ らはで
しへの をかも むぐら
いまむと ちぎりきし やまはに
いまただ ちぎり やまとは
りける やぶる されば
みわび みれば のとを
やまに ばねの よのなか
にきく ながらむ よのなか
おほやま ながへば すがら
おほなく なげつつ こめて
ひわび なげとて わがほは
とだに のよは わがでは
さぎの なにおはば わするる
かぜよぐ なには わすじの
かぜいたみ なには わたのはら
きみがため はなそふ わたのはら
きみがため はないろは ぬれば
らやま

おすすめ書籍

関連記事

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-71

百人一首の意味と文法解説(71)夕されば門田の稲葉おとづれて葦のまろやに秋風ぞ吹く┃大納言経信

ゆふされば門田の稲葉おとづれて葦のまろやに秋風ぞ吹く スポンサーリンク 小倉百人一首から、大納言経信の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-78

百人一首の意味と文法解説(78)淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜ねざめぬ須磨の関守┃源兼昌

淡路島かよふ千鳥の鳴く声にいく夜ねざめぬ須磨の関守 スポンサーリンク 小倉百人一首から、源兼昌の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました。 ▼ …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-80

百人一首の意味と文法解説(80)ながからむ心も知らず黒髪の乱れて今朝はものをこそ思へ┃待賢門院堀河

長からむ心も知らず黒髪のみだれて今朝は物をこそ思へ スポンサーリンク 小倉百人一首から、待賢門院堀河の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理しました …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-72

百人一首の意味と文法解説(72)音に聞く高師の浜のあだ波はかけじや袖の濡れもこそすれ┃祐子内親王家紀伊

音に聞くたかしの浜のあだ波はかけじや袖の濡れもこそすれ スポンサーリンク 小倉百人一首から、祐子内親王家紀伊の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理 …

小倉百人一首解説:和歌の現代語訳・古文単語の意味・文法解説・品詞分解-73

百人一首の意味と文法解説(73)高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞たたずもあらなむ┃権中納言匡房

たかさごの尾の上の桜咲きにけり外山のかすみ立たずもあらなむ スポンサーリンク 小倉百人一首から、権中納言匡房の和歌に現代語訳と品詞分解をつけて、古文単語の意味や、助詞および助動詞の文法知識について整理 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク