古文

【この横浜に優るあらめや】横浜市歌の歌詞の意味を解説!

【この横浜に優るあらめや】横浜市歌の歌詞の意味を解説!

投稿日:

横浜DeNAベイスターズの応援歌にも取り入れられている横浜市歌を現代語訳しました。歌詞にある「まさるあらめや」の意味などをご確認ください。

スポンサーリンク

 

「横浜市歌」(作詩:森林太郎(※鴎外)、作曲:南能衛)の歌詞

横浜市歌・楽譜

横浜市歌・楽譜

 
わがもと島国しまぐに
朝日あさひかがよ うみ
つらなりそばだつ島々しまじまなれば
あらゆるくによりふねこそかよ

 
さればみなと おおかれど
この横浜よこはまにまさるあらめや
むかしおもば 苫屋とまやけむり
ちらりほらりとてりしところ

 
いま百舟ももふね 百千舟ももちふね
とまるところぞよや
はてなくさかえてくら 御代みよ
かざたからりくるみなと

 
※参考および楽譜引用:「横浜市歌について」(横浜市HP)https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/yokohamashi/gaiyo/shika/sika.html

 

「横浜市歌」の現代語訳

わたしたちが暮らす日本は島国であるよ。
朝日がきらきらとかがやく海に、
一列にならび、高くもりあがっている島々なので、
あらゆる国から船がやって来るのだ。
 
そうであるから、この世のなかに港はたくさんあるけれど、
この横浜よりもすぐれた港があるだろうか、いや、ないだろう。
むかしを思うと、ここは粗末な小屋の煙が、ちらほらと立ちのぼっていたに過ぎないところなのだが……。
 
それなのに、いまでは多くの船が
停泊するにぎやかなところになった。ご覧なさいよ、
終わりなく繁栄していくだろう御治世を
飾りたてる宝物までもが入ってくるこの港を。

 

「横浜市歌」の歌詞の意味

※引用は、特記のないかぎり『岩波 古語辞典 補訂版』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎 編集、岩波書店、1990年)によります。ただし、用例は割愛しました。

●かがよふ(う)……静止したものが、きらきらと光ってゆれる。

●そばだつ……①かどばって高く立つ。

●されば……そうであるから。だから。

●苫屋(とまや)……苫葺きの小屋。水辺の粗末な家にいう。

●百船(ももふね)……多くの舟。

●御代(みよ)……神や天皇の御治世。

 

「横浜市歌」の文法解説・品詞分解

この横浜にまさるあらめや

この横浜にまさるあらめや・品詞分解

この横浜にまさるあらめや・品詞分解


 
反語は疑問(~か)に似たかたちを取りますが、うしろに打消(~ではない)がかくれています。多くの場合、「~だろうか、いや、~でない」と訳します。

古文の「やは・かは・めや」はよく使われる反語表現です。

例)嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかにひさしき ものとかは知る(百人一首・右大将道綱母

※古典文法は下記で解説しておりますので、ご覧ください。
 

古典文法の勉強法(基礎編)わかりやすい覚え方で用言の活用形から学ぶ


 

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

-古文
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

広辞苑は国文学の研究に使えないから日本国語大辞典の第二版を使おう。

広辞苑が国文学の研究に使えない理由【日本国語大辞典 第二版が基本です】

岩波書店の『広辞苑』を研究で使うことはできません。大学の授業で基本的に利用するのは小学館の『日本国語大辞典 第二版』です。今回は参照するべきおすすめの辞書について書いてみようと思います。 スポンサーリ …

『沙石集』歌ゆゑに命を失ふ事 “兼盛と忠見”(天徳の歌合)現代語訳と品詞分解

『沙石集』歌ゆゑに命を失ふ事 “兼盛と忠見”(天徳の歌合)現代語訳と品詞分解

『沙石集しゃせきしゅう』から「天徳てんとくの歌合うたあわせ」(兼盛と忠見)の内容を、原文を品詞分解して助動詞や敬語などの文法解説をつけながら現代語訳します。「歌ゆえに命を失う事」に見られる二人の和歌は …

森 鴎外『舞姫』の現代語訳および文法の解説

森 鴎外『舞姫』現代語訳┃わかりやすく全文訳したから簡単に読めます

 森鴎外(鷗外)の『舞姫』を、できるだけ分かりやすい現代の言葉を使いながら、原文に忠実に訳しました。また、訳文に加えて、読むのが難しい箇所には文法解説をつけ、作品の理解がより深まるように工夫しました。 …

三夕の歌とは?現代語訳や作者、歌の意味、共通点を解説

三夕の歌(さんせきのうた)とは、新古今和歌集におさめられている3首の和歌のことで、すべて「秋の夕暮れ」という体言(名詞)でしめくくられています。三夕の和歌とも呼ばれます。このページでは、それぞれの歌に …

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古典文法の基本を身につけて読解力を向上させるための、おすすめの古文の参考書・テキストをご紹介いたします。どの参考書を利用しようか迷っている方はぜひご覧ください。 スポンサーリンク 目次1 古文の参考書 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク