古文

古文でわからない所があるなら教科書ガイドではなく注釈書を見るのがおすすめ。

古文のわからない箇所を調べるなら教科書ガイドよりも注釈書がおすすめ

投稿日:2018年4月4日 更新日:

高校の古文の授業で、よくわからないところがあったらどうしますか?

スポンサーリンク

それぞれの教科書に対応した教科書ガイドを見ますか?
それとも、授業で先生が解説するのをおとなしく待ちますか?

たしかに、自分の手で品詞分解をするのは文法知識を身につける良い練習になりますが、いつまでもわからないところをそのままにするのは時間の無駄です。そして、教科書ガイドは数千円もして高価だから簡単に見られません。

先生の手元には解説書があるのに、生徒の手元にあるのは辞書くらい。
それは不公平だと思いませんか?

知りたいことは自分の手でどんどん調べたいですよね?

そこで、高校生のみなさんでも無料で簡単に古文の解説を見る方法をご紹介します。

図書館で注釈書を見よう

注釈書とは、研究者が自らの専門分野の研究成果に基づいて、注釈(語句の出典や人物などの解説)や現代語訳を付けた本を指します。これは大学生も参照するテキストで、公立の図書館に大抵そろっていますから、高校生の方も積極的に活用しましょう。下に示したのは複数の作品を収めた叢書で、文学全集のようなものです。
 

『新編日本古典文学全集』(平成6年、小学館)


現代語訳が全文ついているのが特徴です。私が在籍していた大学の教授曰く、「高校教師はだいたいこれを持っているんだよ」とのことです(真偽は不明)。
 
 

『新日本古典文学大系』(平成元年、岩波書店)


八代集(古今集から新古今集までの八つの勅撰和歌集)の注釈書は新大系にすべてそろっています。
 
 

『新潮日本古典集成』(昭和51年、新潮社)


本文の横に注と訳がついているのが特徴で、新装版も出版されました。スピードをつけて読むのに最適、と評判のシリーズです。
 
 

『和歌文学大系』(平成9年、明治書院)


中世の勅撰集や私家集もそろっています。
 
 

『新編国歌大観』(昭和58年、角川書店)


和歌を検索することができます。CD-ROM版があるので、私も自分のPCに入れておきました。
 
 

『新釈漢文大系』(昭和35年、明治書院)


日本の漢詩文は古典文学大系にそろっていますが、こちらに中国の古典が収められています。
 
 

『謡曲大観』(佐成謙太郎、昭和57年、明治書院)


能楽の本文を見ることができます。
 
 

各社の文庫本

文庫本にも現代語訳がついているものがあります。各画像は一例です。

角川ソフィア文庫


 
 

岩波文庫


 
 

講談社学術文庫


 
 

おわりに

各注釈書で本文のもとにしている本が異なったり、解釈について意見が分かれる箇所もありますが、古文を読んでいてわからない所があったときに参照してみましょう。

また、ここで挙げたのは一例です。それぞれの作品ごとに個別の注釈書がある場合もありますので、図書館で探してみてください。

ホーム

-古文
-

執筆者:

関連記事

古文のノートの作り方・取り方

古文のノートの作り方・取り方・書き方

古典に限らずノートの取り方を見なおせば学習の成果はあがります。予習の段階から勉強のしやすいノート作りを意識すれば、授業も効率よく利用できるし、復習もスムーズにおこなえるので、定期テスト直前に何をすれば …

文学史の参考書┃古文と現代文の対策をする文学史参考書

日本の文学史おすすめ参考書!古文も現代文(近代)もまとめた本で大学受験対策

文学史は知っていれば確実に点が取れる分野です。日本文学史の流れを把握して、重要な知識を効率よく覚えることによって、テストの点数が取れるようになっていきます。古文と漢文、さらに現代文(近代)の文学史まで …

枕草子「頭の弁の、職に参り給ひて」現代語訳 – 百人一首のとりのそらね

枕草子「頭の弁の、職に参り給ひて」現代語訳 – 百人一首のとりのそらね

百人一首に取られた清少納言の歌、「夜をこめて鳥のそらねははかるともよに逢坂の関は許さじ」が含まれる『枕草子』136段の原文の一部と現代語訳です。 スポンサーリンク 目次1 枕草子・136段「頭の弁の、 …

森 鴎外『舞姫』の現代語訳および文法の解説

森 鴎外『舞姫』現代語訳┃わかりやすく全文訳したから簡単に読めます

 森鴎外(鷗外)の『舞姫』を、できるだけ分かりやすい現代の言葉を使いながら、原文に忠実に訳しました。また、訳文に加えて、読むのが難しい箇所には文法解説をつけ、作品の理解がより深まるように工夫しました。 …

古文単語の覚え方 - 『土屋の古文単語222』を使った勉強法

古文単語の覚え方 – 『土屋の古文単語222』を使った勉強法

「古典をスラスラ読めるようになりたいけれど、古文の単語が覚えられない……」 「単語の暗記には1日何個覚えればいいの?」 「試験によく出る敬語表現や出やすい文法、動詞、形容詞を効率よく勉強したい」 以上 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク