観劇記

歌舞伎座6月公演(2018年)夜の部「夏祭浪花鑑」の感想 – 眉毛を整えてこそ真のイケメン

夏祭浪花鑑

投稿日:2018年7月6日 更新日:

2018年6月の歌舞伎公演、夜の部は「夏祭浪花鑑」と「巷談宵宮雨」、どちらも夏の季節が舞台の演目でした。(※役者名は敬称略で表記)

スポンサーリンク

夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)

幕が開くと舞台は住吉大社の「鳥居前」です。昼の部「野晒悟助」に続いて、夜の部も大坂が舞台の演目がかかりました。
 

団七九郎兵衛の眉毛

団七九郎兵衛(吉衛門)が牢から出てきますが、その姿はひげも髪の毛も伸び放題のむさくるしい姿です。そこで、髪結床でひげをそって、髪の毛も整えて衣装も替えてさっぱりするのですが、そのときに眉毛もしっかり整えているのが注目点です。

夏祭浪花鑑:団七九郎兵衛

夏祭浪花鑑:団七九郎兵衛

 
ためしに、ひげと髪の毛、さらに眉毛も整えている顔と、ひげと髪の毛はそっているけれど、眉毛は整えていない顔を比較してみましょう。

夏祭浪花鑑:団七九郎兵衛(眉毛の比較)

夏祭浪花鑑:団七九郎兵衛(眉毛の比較)

左側の顔は、たしかにひげも髪の毛もそっているので、むさくるしい印象はなくなったのですが、眉毛が太く、垂れ下がっているので、若干なさけないような印象を覚えます。いっぽう右側の顔は、髪やひげだけでなく、眉毛もきちんと整えられているので、いっそうさわやかな印象を受けます。
 

『石切梶原』の試し斬り

『石切梶原』では刀の切れ味を確認するために囚人を試しに切ってみせる場面があります。ここで切られる囚人役も、眉毛が太く垂れ下がっているので、囚人のなさけない様子がいっそう強調されることになります。眉を太く描く化粧は、弱々しさや情けなさを強調するための技法と言えます。
 

同じく囚人を描く『四千両小判梅葉』

それでは、同じく囚人を描いた『四千両小判梅葉』はどうかというと、たしかに獄中の登場人物たちは、髪の毛もひげも伸びているのですが、眉毛は普通です。太くもなく、垂れ下がってもいません。

四千両小判梅葉

四千両小判梅葉

この作品の獄中の場面は、囚人間で共有される厳しいしきたりをリアルに描こうという試みが見られるので、彼らに関しては、情けなさや弱々しさをことさら強調する必要がないのだと考えられます。
 

スポンサーリンク


 

学校の”校則”

教育現場では、「眉毛を整えるのは禁止」という校則を設けている学校も多いのではないでしょうか。私自身、眉毛が太くて濃いので、コンプレックスを抱いていたのですが、学生時代は眉毛にはさみを入れると教師に文句を言われることが度々ありました。

先ほど示した比較図のとおり、眉毛は整えたほうが見栄えが良いはずなのに、「ルールだから」という理由で禁じられるのはやはり納得がいきません。ルールを墨守するだけでなく、その意味をきちんと考える必要があると思われます。

-観劇記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

歌舞伎座「六月大歌舞伎」夜の部『月光露針路日本 風雲児たち』感想

2019年6月歌舞伎座公演「三谷歌舞伎・風雲児たち」の感想。これを歌舞伎座で上演する意義とは?

2019年の六月歌舞伎座公演、夜の部「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち」を見ました。劇評というほどのものではありませんが、感想とあらすじを書いておきます。 スポンサーリンク &n …

歌舞伎座6月公演(2018年)野晒悟助

歌舞伎座6月公演(2018年)「野晒悟助」を見た感想

2018年歌舞伎座6月公演の昼の部「野晒悟助」(のざらしごすけ)を見てきたので、その感想を書きます。 スポンサーリンク 目次1 簡単なあらすじ1.1 見どころ①祝言の場1.2 見どころ②菊五郎と左団次 …

【2018年3月歌舞伎座】滝の白糸を歌舞伎座で上演する意義はあるのか

2018年3月歌舞伎座公演の感想です。 スポンサーリンク  3月の歌舞伎座公演、夜の部後半は、新派の演目、「滝の白糸」でした。「滝の白糸」は何度も映画化されている有名な作品のようですが、私は今回、歌舞 …

歌舞伎鑑賞教室日本振袖始

国立劇場7月公演(2018年)歌舞伎鑑賞教室「日本振袖始」の感想

国立劇場の2018年7月公演、「日本振袖始」を見たので感想を書きます。(※役者・演者名は敬称略) スポンサーリンク 目次1 #歌舞伎見たよ2 兄弟による上演3 解説は坂東新悟3.1 下手(しもて)3. …

国立劇場6月公演(2018年)歌舞伎鑑賞教室「連獅子」を見た感想

国立劇場6月公演(2018年)歌舞伎鑑賞教室「連獅子」を見た感想

国立劇場の歌舞伎鑑賞教室「連獅子」を見てきた感想です。1階席は高校生と思われる学生でいっぱいでしたが、2階席後方、3階席は空席が目立っていました。 スポンサーリンク 目次1 お食事処閉店2 解説は坂東 …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク