古文

枕草子「頭の弁の、職に参り給ひて」現代語訳 – 百人一首のとりのそらね

枕草子「頭の弁の、職に参り給ひて」現代語訳 – 百人一首のとりのそらね

投稿日:

百人一首に取られた清少納言の歌、「夜をこめて鳥のそらねははかるともよに逢坂の関は許さじ」が含まれる『枕草子』136段の原文の一部と現代語訳です。

スポンサーリンク

枕草子・136段「頭の弁の、職に参り給ひて」

原文 現代語訳
 頭弁(とうのべん)の、職(しき)にまゐりたまひて、物語などしたまひしに、夜いたうふけぬ。「明日御物忌なるに籠るべければ、丑になりなばあしかりなむ」とてまゐりたまひぬ。  藤原行成が、職の御曹司に参上なさって、清少納言らとお話などしていらっしゃったうちに、夜がひどく更けてしまった。「明日は帝(みかど)の御物忌(おんものいみ)のため殿上に伺候しなければならないから、丑の刻になってしまったら都合がわるいだろう」と言って、宮中へ参上なさってしまった。
 つとめて、蔵人所の紙屋紙ひき重ねて、「今日は、残りおほかる心地なむする。夜をとほして、昔物語も聞え明かさむとせしを、鶏の声にもよほされてなむ」と、いみじう言おほく書きたまへる、いとめでたし。  翌朝、行成は、蔵人所(くろうどどころ)の紙屋紙(かんやがみ)を重ねて、「今日は、心残りがすることです。一晩中、昔話も申しあげて夜を明かそうとしましたのに、鶏の声にうながされて、帰ってしまったのです」と、いろいろなことを非常にたくさんお書きになっているのは、たいへん素晴らしい。
御返りに、「いと夜深くはべりける鳥の声は、孟嘗君のにや」と聞えたれば、立ち返り、「『孟嘗君の鶏は函谷関をひらきて、三千の客わづかに去れり』とあれども、これは逢坂の関なり」とあれば、 清少納言は、そのお返事に、「まだ夜が深いうちに鳴いた鶏の声は、あの孟嘗君(もうしょうくん)の故事のような、うそ偽りの鳴きまねなのでしょうか」と申し上げたところ、行成からすぐに返事が届いて、「『孟嘗君の鶏は函谷関(かんこくかん)をひらいて、3000人の食客がようやくのことで逃れた』と言うけれど、私が言ったのは逢坂の関のことですよ」と書いてあったので、清少納言は、
「夜をこめて鳥のそら音にはかるとも世に逢坂の関はゆるさじ 「夜が深いうちに、鶏の鳴きまねをしてだまそうとしても、函谷関で通行が許されたのとは異なって、私があなたと逢うという、その逢坂の関は、決してお通りになれますまい。
心かしこき関守(せきもり)侍(はべ)り」と聞(きこ)ゆ。また、立ち返り、 しっかりとした関守が逢坂の関にはおりますから」と申しあげる。また、行成からすぐに返事が届いて、
「逢坂は人越えやすき関なれば鳥鳴かぬにもあけて待つとか」 「逢坂の関は人の越えやすい関なので、鶏が鳴かなくても、いつも関の戸をあけて、来る人を待っているとか聞いております。その逢坂の関のように、あなたも簡単に人と逢うといううわさですよ」
とありし文どもを、はじめのは、僧都(そうづ)の君いみじう額をさへつきて取りたまひてき。後々のは、御前(おまへ)に。さて、逢坂の歌はへされて、返しもえせずなりにき。いとわろし。(後略) と書いてあった手紙のうち、はじめの手紙は、僧都の君がぬかずくことまでして、お取りになった。後の手紙は、中宮(定子)様のところに。そして、逢坂の関の歌はよみぶりに圧倒されて、返歌もせずにしてしまった。たいへんみっともない。(後略)

※本文引用は『新編日本古典文学全集 枕草子』(松尾聡・永井和子、1997年、小学館、244ページ)によります。
 

✿清少納言の歌の解説はこちら✿

↓ ↓ ↓ ↓

百人一首の意味と文法解説(62)よをこめて鳥のそらねははかるともよに逢坂の関は許さじ┃清少納言


 

古文が苦手な方はこちらの記事をチェック

こちらで古典文法の基本をご確認いただけます。

古典文法の勉強法(基礎編)わかりやすい覚え方で用言の活用形から学ぶ

 

百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認

こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

-古文
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「浜辺の歌」の歌詞の意味を解説。現代語訳と品詞分解つき。

「浜辺の歌」の歌詞の意味を解説。現代語訳と品詞分解つき。

林古渓作詞、成田為三作曲の唱歌「浜辺の歌」の歌詞の意味を解説します。歌に使われている言葉が難しいかもしれませんが、わかりやすいように現代語訳・品詞分解とともに曲の内容をご紹介いたしますので、ぜひご確認 …

森 鴎外『舞姫』の現代語訳および文法の解説

森 鴎外『舞姫』現代語訳┃わかりやすく全文訳したから簡単に読めます

 森鴎外(鷗外)の『舞姫』を、できるだけ分かりやすい現代の言葉を使いながら、原文に忠実に訳しました。また、訳文に加えて、読むのが難しい箇所には文法解説をつけ、作品の理解がより深まるように工夫しました。 …

古文のわからない箇所を調べるなら教科書ガイドよりも注釈書がおすすめ

古文でわからない所があるなら教科書ガイドではなく注釈書を見るのがおすすめ。

高校の古文の授業で、よくわからないところがあったらどうしますか? スポンサーリンク それぞれの教科書に対応した教科書ガイドを見ますか? それとも、授業で先生が解説するのをおとなしく待ちますか? たしか …

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古典文法の基本を身につけて読解力を向上させるための、おすすめの古文の参考書・テキストをご紹介いたします。どの参考書を利用しようか迷っている方はぜひご覧ください。 スポンサーリンク 目次1 古文の参考書 …

文学史の参考書┃古文と現代文の対策をする文学史参考書

日本の文学史おすすめ参考書!古文も現代文(近代)もまとめた本で大学受験対策

文学史は知っていれば確実に点が取れる分野です。日本文学史の流れを把握して、重要な知識を効率よく覚えることによって、テストの点数が取れるようになっていきます。古文と漢文、さらに現代文(近代)の文学史まで …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク