古文

『舞姫』解説。話の内容を要約して短く詳しくまとめました。

『舞姫』解説。話の内容を要約して短く詳しくまとめました。

投稿日:2018年10月13日 更新日:

森鷗外『舞姫』の内容をわかりやすく要約しました。テスト対策で時間がない方は、この要約で話の概要をご確認ください。

スポンサーリンク

 
また、時間に余裕のある方は現代語訳もぜひご覧ください。

>>森鴎外『舞姫』現代語訳

『舞姫』の登場人物

『舞姫』の登場人物

『舞姫』の登場人物

 

太田豊太郎(おおたとよたろう)

エリスの恋人。19歳で東大法学科を卒業し、官僚になる。22歳の時、ドイツのベルリンへ出張(留学)する。エリスに出会ったのは25歳前後。語学能力を天方伯爵に認められ、いっしょに日本へ帰ることになる。

 

エリス

ヴィクトリア座の女優(踊り子)。17歳の頃、父の葬儀費用を払えなくて困っているところを豊太郎に助けられ恋愛関係になる。のちに豊太郎の子を懐妊するが、日本に帰る豊太郎に裏切られたと絶望し発狂する。

 

相沢謙吉(あいざわけんきち)

豊太郎の友人で、天方伯の秘書官。豊太郎が役所の仕事をクビになった時、新聞社の仕事を紹介した。また、豊太郎の能力を見込んで天方伯に推薦した。

 

天方伯(あまがたはく)

大臣。豊太郎にドイツ語翻訳の仕事をさせるうち、その能力を評価するようになり、結局、豊太郎を連れて日本へ帰国することになる。

 

『舞姫』の概要

冒頭:帰国の船内

豊太郎はドイツ滞在を終えて、日本へ帰る船の中にいますが、どうやら元気がない様子です。恋しいエリスをドイツに残し、一人で日本に帰るのですから、元気がないのも当然ですね。

話は豊太郎がドイツで過ごした日々を回想するかたちで進んでいきます。

 

舞台はドイツのベルリン

豊太郎はベルリンに来てから、法律や政治に関する仕事をまじめにこなしていましたが、しだいに歴史や文学に心がひかれていって勉学がおろそかになり、日本にいる上司との関係も悪くなってしまいます。

ある日、豊太郎が散歩していると、道ばたで泣いている少女が目に入りました。豊太郎が泣いている理由を訊くと、少女は「父の葬式を明日しなければならないのに、お金がありません」と言うので、豊太郎は少女に、持っていた少しのお金と時計をわたしました。
 
これがきっかけとなって、豊太郎とエリスは頻繁に顔をあわせるようになりました。本を貸したり芸術の話をしたりする関係でしたが、数人のドイツにいる日本人の知り合いが「豊太郎が舞姫とみだらな関係を続けている」と上司に報告したため、豊太郎はクビになってしまいました。

豊太郎は友人の相沢謙吉の紹介で新聞社の仕事につきます。ドイツの政治・文芸を日本の新聞社へ報道する仕事です。また、この頃からエリスと同居し、のちにエリスは妊娠します。

 

天方伯に気に入られる

ある日、豊太郎のもとへ相沢から、「天方伯が会いたがっている」という知らせが届きます。豊太郎はベルリンのホテルで天方伯と相沢に面会します。表向きはドイツ語を翻訳する仕事の依頼でしたが、相沢の本心は豊太郎をエリスと別れさせ、そして天方伯の秘書官として就職させることでした。

豊太郎は友人に対して「いやだ」と言えない性質なので、エリスと別れることを相沢に約束してしまいました。

その後、天方伯のロシア出張に同行した豊太郎は、通訳として大活躍しました。この活躍から天方伯に気に入られ、「語学だけでも充分使える人材だから、いっしょに日本に帰らないか」と提案されます。この時も豊太郎は抵抗できず、天方伯とともに日本へ帰ることを承知してしまいます。

 

結末:エリスと豊太郎の別れ

「エリスに何と言ったら良いだろう」と苦悩する豊太郎は、エリスの目の前で何も言えずに気絶します。意識を取りもどしたのは数週間後。相沢から豊太郎が一人で日本に帰ることを聞いたエリスは、目が血走り、頬がこけ、まるで別人のようになってしまいました。

エリスは物を投げたり泣きさけんだりして、医者には治る見込みがないとまで言われました。豊太郎は、相沢は良い友人だけれど、少しばかり恨めしく思うのでした。

-古文
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

古文単語帳おすすめ一覧┃マドンナやゴロゴで東大 早稲田 marchを受験?

古文の単語帳おすすめ一覧┃マドンナやゴロゴで東大 早稲田 marchを受験?

古文単語帳にはたくさんの種類がありますので、いったいどれを使えばよいのか悩んでしまいますよね。そこで、人気の単語帳の中から厳選した5冊を比較して、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。東大・早稲田 …

森 鴎外『舞姫』の現代語訳および文法の解説

森 鴎外『舞姫』現代語訳┃わかりやすく全文訳したから簡単に読めます

 森鴎外(鷗外)の『舞姫』を、できるだけ分かりやすい現代の言葉を使いながら、原文に忠実に訳しました。また、訳文に加えて、読むのが難しい箇所には文法解説をつけ、作品の理解がより深まるように工夫しました。 …

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古文の参考書 – おすすめの古典文法のテキストで読解力UP

古典文法の基本を身につけて読解力を向上させるための、おすすめの古文の参考書・テキストをご紹介いたします。どの参考書を利用しようか迷っている方はぜひご覧ください。 スポンサーリンク 目次1 古文の参考書 …

『沙石集』歌ゆゑに命を失ふ事 “兼盛と忠見”(天徳の歌合)現代語訳と品詞分解

『沙石集』歌ゆゑに命を失ふ事 “兼盛と忠見”(天徳の歌合)現代語訳と品詞分解

『沙石集しゃせきしゅう』から「天徳てんとくの歌合うたあわせ」(兼盛と忠見)の内容を、原文を品詞分解して助動詞や敬語などの文法解説をつけながら現代語訳します。「歌ゆえに命を失う事」に見られる二人の和歌は …

古文のわからない箇所を調べるなら教科書ガイドよりも注釈書がおすすめ

古文でわからない所があるなら教科書ガイドではなく注釈書を見るのがおすすめ。

高校の古文の授業で、よくわからないところがあったらどうしますか? スポンサーリンク それぞれの教科書に対応した教科書ガイドを見ますか? それとも、授業で先生が解説するのをおとなしく待ちますか? たしか …


運営者 : honda
都内の私立大学 文学部国文学専攻出身
お菓子メーカー勤務のサラリーマン
趣味は歌舞伎鑑賞(2012年~)
歌舞伎の観客のすそ野を広げるには古典教育から見直す必要があると考えているので、このブログで古文にまつわる情報を発信しております。


       スポンサーリンク